saddamさんの農作業日記を記録したいと思います

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

今年最後の墓参り

2016-12-28 | 日記

   ***穏やかな師走***

 7時起床、今日は快晴。洗濯機を動かし、朝食の準備。鮭を焼く、在庫品を食べる。正月みたいな料理。黒豆、昆布巻き、豚汁。食後のコーヒー、ちゃんと薬を飲む。

 10時墓参りに行く。宝樹院の梅のつぼみが固くなっている。ご住職に”大盤”をお渡しする。今年一年の感謝の言葉を述べる。

 お墓の周りを箒ではいてきれいな雑巾でお墓を拭く。お花を供え、線香を供え、開経偈、懺悔文、三帰戒文、般若心経、回向を唱える。ご先祖様今年一年ありがとうございましたと感謝申し上げる。


 安倍首相の演説・・・

 安倍晋三首相の真珠湾での演説について、被爆地からは厳しい見方が相次いだ。和解につながる第一歩として一定評価する一方、米国への謝罪がなかった点への不満や、安保法制強化を進める安倍首相への疑念を強くにじませた。

 今年5月にオバマ大統領と原爆慰霊碑の前で握手を交わし、過去に真珠湾を訪れた経験がある坪井直・広島県原爆被害者団体協議会(広島県被団協)理事長(91)は「アリゾナ記念館で献花した現職の首相という点は評価するが、もっと早く行くべきだった」と不満を漏らした。

 演説に謝罪が含まれなかったことについては「過去にとらわれず、未来志向の表れと感じた」とする一方、「日本の戦後復興が米国の寛容さによってもたらされた」との趣旨を述べた点について「被爆した者にとっては納得できない気持ちがある」と話した。

 もう一つの広島県被団協の佐久間邦彦理事長(72)は、日米同盟を「希望の同盟」などと表現したことに触れ、「慰霊のための訪問のはずなのに、日米同盟の強化が一番の目的だったのではないか。政治的な意図がみてとれた」と疑問を呈した。謝罪が含まれなかったことについても「日米開戦がなければ原爆投下につながらなかったと考えると、戦争のきっかけを作った点は謝罪すべきだったのでは」と話した。 

 いろいろな意見がある。賛否両論。まあハワイに行っただけでも良しとしなければ・・・と思う。

14時玄関周りの掃除をする。今年の大掃除はこれでおしまい(笑)

 上座熊野神社お神輿保存会の会計を処理する。さだむさんは保存会の会計を担当しています。

 

 夕食は豚肉、鮭、なます、田つくり、ウイスキー1杯。



12月27日のアクセス数 閲覧数650 訪問者数109 順位:10,711位 / 2,649,463ブログ中 (前日比)

日経平均株価19,401.72-1.34NYダウ19,945.04+11.23米国ドル117.57ユーロ122.88

                                                        さだむ農園1228

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♪外は冬の雨♪ | トップ | 京都に向かう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。