ツルピカ田中定幸先生

教育・作文教育・綴り方教育について。
神奈川県作文の会
綴方理論研究会
国分一太郎「教育」と「文学」研究会

第10回国分一太郎「教育」と「文学」研究会・学習会 報告について

2016-10-31 11:25:09 | Weblog

第10回国分一太郎「教育」と「文学」研究会・学習会 

 

    11月20日の研究会で、山田亨二郎さんは、こんな報告をしてくれます。ご期待を!

 

 

≪新資料紹介≫

     国分一太郎の文集「生活の跡」について

                      山田 亨二郎(国分一太郎収蔵室・こぶしの会事務局)

 

 ① はじめに

 ② 位置づけ

 ③ 概要

   (ア)共通項

   (イ)各学年ごとの内容

   (ウ)「綴方・生活の跡」の特徴

   (エ)文集名の由来

   (オ)学級新聞の発行

       ・慰問文について

       ・立方体の体積

   (カ)自由律俳句の指導

   (キ)長瀞かるた 綴方かるた

 ④ おわりに

 

 

≪山田亨二郎さんより≫

 

     励ましの「ことば」を求めて

                                       山田 亨二郎

 国分一太郎のふるさと、山形県東根市にある市の施設、国分一太郎資料収蔵室に勤務し、資料の整理を担当している。

 田中定幸先生が研究発表の人選に苦労し始めると、用賀に孫が住んでいることをご存じで、そろそろ孫に会いたくなるころだろう、とけしかけてくる。ぼくは素直にその手にのり、二つ返事をしてしまったのは2、3回だけではないような気がする。

 高校の教師を38年勤め、退職した平成16年の4月から、ずっと一人でこの仕事を続けている。

 今、関心を寄せているのは、国分先生が、どのようなことばで、子どもらを励まし続けていたのか、を残された文集の中から、見つけ出そうと努力を続けている。                                    (2016.10.4)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第10回国分一太郎「教育」と... | トップ |  第10回国分一太郎「教育」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL