落語家・立川 左談次
立川 左談次  オフィシャルホームページ



入院中のベッドで読んだ。
飾らない文の迫力に負けまいと必至で読んだ。
久しぶりだな、
単なる軽い楽しみじゃ無く、
本とファイトする感があったのだ。
私の病気が治ったらもう一度手に取る一冊だと思う。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 町を歩く。 喜怒哀楽。 »