秘密儀軌

仕組みの会佐田靖治の秘密儀軌ツアー第二拠点
ここで言う秘密儀軌とは仕組みの事、それに関わる情報やトピックスを紹介。

秘密儀軌ツアー 二ー22ーg

2017-07-14 09:09:26 | 日記
 ヤフーブログからのつづき

 エジプト神話組が、佐田宇宙の太陽系がらみの十組の仕組み宇宙のなかの一つだとは思いもよらなかったことであるが、その神話組の代表が太陽神であるアネト女神であることも、これまではまったくわからないことであった。エジプトでは太陽神はラーという有名な男神であったし、アネトはそのラーの先を行く露払いのような端役でしかない。その本体はピレネーの主峰の底に埋め込まれており、その変化のワカヒルメ大神が日本で仕組み潰しの大活躍をしていたことは、以前に解説しておいた。〔平成28年2月の月例会講義・会報では3月291号の講義録に掲載〕
 そのワカヒルメ大神も伏魔殿の使者でしかなく、仕組みの会の会員に取り付いて妨害することはあっても、どうしても仕組み働きをしようとはしなかったので枠外追放となり、交代メンバーを送り込むしかなかった。そのメンバーは、天皇家がらみでありながら仕組みの会でも中心的な立場にいた、門馬親子の母親のワカヒルメ寛子、今では太陽神の大神となっておられるが、その方を抜擢したのであった。
 その元会員についてはこの秘密儀軌ツアーでも取り上げておいたが、神界に移籍したのちはワカヒルメ神界の正常化のために、その働き場所を求めておられるような感じだった。そのため早い段階からエジプト組の調整などもしてもらっていたのであるが、今までは力不足でもう一つといった状態であった。ところがここにきて仕組みの会の会員が動き出したこともあってか、実力が伴ってきての抜擢ということになったのであった。日本ではワカヒルメはアマテラスと呼ばれる大神であるが、佐田宇宙にはアマテラス神界は存在しない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秘密儀軌ツアー 二ー21ーf | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。