小春奈日和

赤ちゃんは、人間は、どのように言葉を獲得するの?
わが家の3女春奈と言葉の成長日記です。

みんな話せるんだよ

2016年11月07日 01時16分39秒 | 日記
2013年6月22日(土)(5歳2か月)
 
 
 今日は春奈の通う保育所で「夕べの集い」がある。
 
 ここの保育所は堺市の中でも古い歴史があり、
できた当初、周辺は農家ばかりだったそうだ。
 
農家にとって子供を預かってくれる保育所はありが
たい存在で、地域が保育所に協力的だったとか。
 
 そんな歴史があるので、この保育所では今でも
園児の祖父母を招くイベントがいろいろある。
 
 今日の夕べの集いもそのひとつである。
 
 やってることは夏祭りである。
 
 ちょうどわが家にアメリカの女子大生、ケイちゃんと
イリちゃんが来ているのでふたりをつれて参加した。
 
 ちょうど春奈の担任の先生がいるので挨拶がてら、
ケイちゃんとイリちゃんを紹介した。
 
 いきなりのアメリカ人ふたりを前に少しの焦りと緊張
との中、英語で自己紹介する先生。
 
 自己紹介だけ、と言っても自分の持っている英語の
音で一生懸命話す姿勢にすごく好感が持てた。
 
 そう、日本人だって自己紹介くらいなら突然の場面
でも話せるんだよ。
 
 ただ、こういう場面になかなか遭遇しないものだから
みんな英語が苦手って思い込んでるだけ。
 
 その点、ゆうき・りえ・春奈は場馴れをしすぎるくらいに
している。
 場馴れしすぎて別に英語じゃなくて日本語でええやん、
って思っているほどだ。
 
 やっぱり、いろんな国の人と接する機会があるって
いいな、と改めて思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 544 出雲臣と青の人々 その17 | トップ | 545 出雲臣と青の人々 その18 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。