小春奈日和

赤ちゃんは、人間は、どのように言葉を獲得するの?
わが家の3女春奈と言葉の成長日記です。

ちっちゃい方から

2017年02月09日 01時12分03秒 | 日記
2013年8月1日(木)(5歳4か月)
 
 
 今日はPLの花火。
 
 ゆうきの友達が一緒に花火を見るために家にやって来た。
 
 ただ今わが家ではアメリカ人の女子高生カリスタがステイ
しているので、ほぼ同年代の子が来るのはちょうど良いかも・・・
と、思っていたのだけど、春奈がゆうきのお友達に、かまって
かまって、とするのでカリスタとお話することもできない。
 
 
 さて、春奈を寝床に入れた時に、
 
 「マッサージして」
 
と、要求してきた。
 
 春奈、最近マッサージして、と言ってくる。
 
 みんたの整骨院通いについていくから、自分もマッサージを
受けてみたいと思うようになった、と言うか、マネっこの要素が
大きいようだ。
 
 つまり、家族と同じことがしたいようである。
 
 布団の上にうつ伏せに寝っころがって僕にリクエストする。
 
 「ちっちゃい方からして」
 
 つまり、足から肩へ、下から上へという意味だ。
 
 もしかすると、春奈の中では「上下」という言葉と「大小」とい
う言葉は連結しているのか?
 
 だとするなら、幼児が言葉を獲得していく過程には、言葉を
イメージすることが重要なことなのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 569 大国主と垂仁天皇 その6 | トップ | 570 大国主と垂仁天皇 その7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。