ボケ前サダちゃんの、 おとぼけ日記

65歳サダちゃんの
美と健康の為のお気楽人生記♪

杉乃井ホテル中館宿泊

2017年06月13日 23時11分28秒 | 旅行

ゆかさんの誕生祝いに杉乃井ホテルに行く事にしました。

今時の子供中心の旅行はプールがオープンしているホテルでないといけません。

杉乃井ホテルは波の出る室内プールが4月からオープンしてます。


このレジャープールにユーゴ達を連れて行きたいのです。子供を楽しませるにはもってこいのホテルです。


人気のホテルですので土曜、日曜は先ず空いていません。


色々検索しましたら『3日間限定、中館13000円』を見つけました🎶


これはとても安い!!


杉乃井ホテルは本館、HANA館、中館の3段階あって中館はハイグレードの部屋で約2万円クラス。


それが一人13000円で泊まれるのであればラッキーです。


日にちは木曜日です。この日を逃したらこんな安い金額では泊まれません。

仕事をしているスタッフには申し訳ないと思いながら
ゆかさん、ユーゴ、リリ、主人の5人で平日ですが行く事にしました。


東九州高速道を通って3時間半で到着。14時過ぎに着いて14時半チェックイン。


早速水着に着替えて『アクアビート』に行きました。


横に長いホテルですのでプール、温泉、食事に行く時は常時稼動しているマイクロバスを利用しましたので楽に移動が出来ました。


アクアビートの中は南国の楽園です。






30分間隔で波が10分間出ます。


波打ち際で戯れてよし、波に浮かぶのも良し。

砂が無いので水着が砂だらけにならないのがいい🎵







以前宮崎のシーガイヤが波のプールでしたが、多分金額が高くてリピーターが減り閉まったのだと思います。


ここの料金は宿泊者は無料の上にチェックアウト後でも利用出来ますので非常にお得です。



プールで充分楽しんだ後はお待ちかねの夕食です。


中館宿泊者はレストランを選ぶ事が出来ます。

私が行きたいのは
オープンエアダイニング『シーズテラス』です。

中館専用のバイキング会場は
別府湾を一望する絶景を見ながら食事が楽しめるのです✨

この会場は朝食に利用する事にして、夕食会場は
ワールドダイニング『シーダパレス』にしました。


前回友達とHANA館に宿泊した時に利用した会場で料理が美味しいし、開放的な雰囲気でユーゴ達も喜んでくれそう。


17時半。まだ宿泊者は少ないです。

子供がいるのでキッズホールに案内されました。


この『シーダパレス』はナポリの街並みのイメージを取り入れてあり、ホールの中央には大きな水槽があってりりちゃんも大喜びでした。

広〜いホールを囲んで、イタリアン、中華料理が並んでいますが、ユーゴにも手が届く位の高さに設定してあるので楽しく自分で選んでお皿に乗せていました。






主人はオプションメニューの「関あじ」「ふぐ刺し」を注文。


高級メニューは原価の3〜5倍の値段なのに各一皿1000円なのです!


尾頭付き関あじが1000円で食べれるだけでも来た甲斐があります。


どの料理を食べても美味しいので口の超えているゆかさんも大絶賛。

「モトシさんを連れて来たいわ。」


出張先の名古屋にいるモトシさんにメルしてました。


★カニ祭りの蟹。食べる物が多くそんなに食べれるものではありませんでした。




食事が終わると
『プロジェクションマッピング」
のショータイムです。


屋外での観覧はちょっと寒かったですが、壮大なスケールで楽しむことができました。




部屋に戻る途中にホテルの周りのイルミネーションを見に行きました。
220万球のイルミネーションで彩られ、動物を彩ったオブジェクトが多数あったりで子供達は大いに楽しんでました。



まだまだ部屋には帰れません。


次はゲームコーナーを通って帰る様な道順です。


1000円位使っちゃいました。


部屋に戻ったのは9時半。


やっと長い一日が終わりました。


私達も子供達と一緒に就寝しました。


又明日もプールが待ってます😵
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せいぐう保育園参観日 | トップ | シーズテラスで朝食を😋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。