ボケ前サダちゃんの、 おとぼけ日記

65歳サダちゃんの
美と健康の為のお気楽人生記♪

ユーゴの親友『ジュンヤくん』

2016年09月15日 21時29分32秒 | ユーゴ

ユーゴには保育園での仲のいいお友達がいます。

ジュンヤくん。

いつも口にする名前なので私も覚えてきました。


「ジュンヤくんちにこんど遊びに行くの。早く来ないかな〜。」

毎日の様に言ってます。


彼は同じクラスの子で4才です。


ユーゴが入園した2才5ヶ月の時は既に彼は在園してました。


入園したてのユーゴは3日で園になれる事ができました。
それは同じ乗り物好きのお友達ができたそうで、電車や飛行機が来るたびに、2人で走って窓際に見に行っていたそう。

それがジュンヤ君。

とても優しい子で入園1週間後位ユーゴがお昼寝の時に泣いた際、彼がユーゴのそばに来て手をつないで落ち着かせてくれたそうです。


先生からこの話を聞きました。

何と心の優しい子でしょう😌


あれから2年。学年が変わってもお陰さまで同じクラスだったようです。


「ババ、今日はジュンヤくんと砂遊びするから5時お迎えね。」

「今日はジュンヤくん、お休みしちゃった〜😭」


「ジュンヤくんと同じ靴を今日も履いていくね。👟」


どんだけジュンヤくんが好きなんでしょう。


しかも、たまたまリリちゃん繋がりのママ友とジュンヤ君ママが友達だったらしく、
ユカさんもジュンヤ君ママとお友達になれたようで、子供抜きで会ったりしてるようです。

ある日、初めてジュンヤくん宅に遊びに行く事になりました。


それが分かった日から指折り数える様になりました。


「僕、ドキドキして来た〜。」


嬉しくて嬉しくて🎶って感じです。

ジュンヤくんに貸してあげる大事なオモチャも用意してます。



さあ、当日です。


保育園にはお昼寝の後にママがお迎えします。


「僕、嬉しくてドキドキしてお昼寝出来なかった。」


ありゃまあ。




リリちゃんはお昼寝タイムなので私が夕方連れていきます。


4時頃ユーゴから電話ありました。


「リリちゃん早く連れてきて〜。」


電話の向こうで騒がしい賑やかな声が聞こえてます。


ジュンヤくんの家は我が家から歩いて3分。ユーゴのアパートから1分の近場にあります。


「トントン。こんにちは〜。」


「ハーイ」


ドバドバッ!とチビ達が群がってきました。

リリちゃんのお友達も来ています。直ぐに仲間に加わって走って行きました。

共通の友達3家族全員9名。まるでミニ保育園です。




廊下を走り回って騒がしい〜。男の子が集まるとこんなに騒がしいのでしょう。混じって1、2歳児が3人。つられて大声上げて走ってます。


5時に帰ってきました。

台風が過ぎ去ったジュンヤくん宅は相当部屋が散らかってた事でしょう。恐縮です!


帰ってきたユーゴはソファーに座り、惚けています。


「ママ、又遊びたいなあ〜。」


ママ「今度はユーゴの家に呼びましょう。」


これから先もズーッとズーッと仲良しであって『無二の親友』になって欲しいものです。

★同じ病院でリリちゃんの1日前に産まれたヒナト君と。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シネマ『ゴースト&ジュウオ... | トップ | マーチングフェスティバル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ユーゴ」カテゴリの最新記事