ボケ前サダちゃんの、 おとぼけ日記

65歳サダちゃんの
美と健康の為のお気楽人生記♪

ウイルス性風邪症候群

2016年10月18日 22時39分40秒 | 日記
「リリリリー」
朝の5時45分。目覚まし時計がうるさく鳴って目が覚めました。

おや! 喉が痛い😖

寒っ!

「お父さん!!何故エアコンつけてるの!😖」


1週間前のちょっと暑い日があった朝です。


エアコンつける程でもないのに消してません。
お陰で体が冷え切っています。

直ぐにうがい薬でガラガラ。

普通なら昼頃には治っているのに、今回は微熱があります。

ヤバイ!咳も出だしました。

常備薬の咳止め、感冒薬も飲みました。

1日、2日、3日経っても症状が変わりません。

折角2年近くも風邪で病院に行かずに治っていたのに長引く感じがしましたので4日目についに行きました。

くしゃみや咳、鼻水や発熱、のどの痛みや全身の倦怠感など、いわゆる風邪の諸症状です。

「血液検査をします。」

あれ、行きつけの病院なのに初めて血液検査されました。



「白血球の数値も以上なし。〇〇も以上なし。これはウイルス性ですね。薬出しておきますね。」




処方された薬は
合成抗菌剤
咳止め
ロキソプロフェイン(痛み、解熱)
胃薬
トローチ
うがい薬

毎回同じ種類ですが、
あれ?合成抗菌剤って抗生物質よね。
合成抗菌剤とは『細菌による感染症の治療薬』と書いてあります。

ウイルス性なのに何故合成抗菌剤を出すのかしら?

以前から風邪には必ずこの薬が処方されます。

ゆかさんも「合成抗菌剤飲んでも意味ないよ。」と以前から言ってました。

ちょっと調べてみました。

【風邪をひくと抗生物質とすぐに考えてしまう人もいますが、抗生物質はウィルスには効果がありません
抗生物質を使えば使うほど、細菌が「薬に負けまい」とだんだん強くなります。これを細菌の耐性化といいます。】

あら〜、やはり飲む必要はないのだわ。
だけど何故病院は出すのかしら?

こんな事も書いて有りました。

【急性の咽頭炎や扁桃炎の場合も、その90%がウィルス性の感染症です。ただし、残りの10%ほどが溶連菌(A群β溶血性連鎖球菌)による感染症なので、この場合には合併症の危険を避けるために抗生物質が処方されます。】


なるほど、合併症予防の為の合成抗菌剤なのでしょうか。

無知な私は病院から処方された薬は正直に真面目に飲んでいましたが、飲まなくて済むものなら飲まないに越した事はありません。

てな訳で合成抗菌剤は飲まずに治りました。

今度病院に行ったら先生に何故必要なのかお尋ねしようと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JAふれあい広場でせいぐう保... | トップ | 小林とんかつ専門店『さんま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。