屋根の雪下ろし。私のアイディア、実現可能?

屋根用の小型除雪機とそれをセットするハシゴを開発し、地上から操作するのは可能?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

閑話休題 237 紀元会暴行死事件

2007年10月16日 | 雑談
 長野県小諸市に本拠がある「紀元会」という宗教の、信者による暴行死事件。地元長野県の地方ニュースでも大きく扱われている。(といっても全国ニュース以上の情報があるわけじゃないけれど。)

 地元では「大和神社」と呼ばれていたらしい。なんの病気にでも効く、という水を高額で信者に売っていたそうな。

 けっこう宗教には興味があるので、いろいろ感ずることはある。なんとなく、セクトとか内ゲバ、連合赤軍、、なんかを連想した。小さな団体はその内部の結束を求めるあまり、僅かな違い、異物も許さなくなる。そして違うものに対しては、その制裁に歯止めというものがない。いきつくところまでいってしまう。

 この女性暴行死の原因は明らかにされていないが、きっとどうでもいいような、ほんのちょっとした何かだったんじゃなかろうか、と思う。脱退かなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 閑話休題 236 ゲバラ没... | トップ | 閑話休題 238 紀元会暴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL