SACのなかま

SACの情報です

干支九星気学 のーと集 の紹介

2017-07-13 10:01:02 | 日記

 まだ梅雨だというのに、連日、九州・中国地方は雨で、東京は晴れ、猛暑が続いて、本の紹介も考え物ですが、真夏には補講を考えているので、ここらで本の紹介です。

 寶田 喜代という方のお書きになった本です。

 本文によりますと、故望月 治のお弟子さんです。

 望月 治氏は昔から、面白い、ちょっと他にはないという本を作った方です。

 なんかの機会に紹介するかもしれません。

 干支学原理を書いた方です。

 さて、本は望月先生の著書より詳しくまとめてあります。

 望月先生の本より、読みやすいと思います。

 ただし、入門書ではないので、完全にズブの素人には勧められません。

 望月先生の講義録の面白いところは、別の話が色々と出てくることです。

 気学の話から、姓名判断とか病筮抄とか、ラピス色とか、故武田考玄氏にあった話とか色々とありました。

 鬼神とか鬼を使う話など、そういう話は載ってないようですが、それだけに纏め方はしっかりしています。

 のーと集として、ノート出ない処に意味があると思われます。

 なお、同じ装丁で「宿命盤」禍福表というのが出ています。

 どういうものかは、見に行ってください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天気(雨)を考える | トップ | 3連休と遁甲の話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。