チンチラ チンチラ ホーイホイ(⌒‐⌒)

(^ω^)そのまんま、思ったことを書いている。毎日何かしら書いている

耳切り👂床屋②

2016-10-13 18:57:08 | 徒然日記
床屋さんが応急処置をして、耳👂からの出血は何とか治まった。

しかし、耳たぶが切れたのだから痛みは残る。

帰り際、再び、床屋のおばちゃんの背中から、トドメノ一言。
「◯◯子ちゃんが動いたから切れたんだからね、お母さんにもそう言うんだよ」、、

トボトボと家に帰る。母は、いつものように店で接客中だった、、。

「耳のこと、どうしよっかな、、。正直に言おうかな、、。でも、言えばあのおばちゃんから、あとからこっぴどく怒られるんじゃないかしら、、(>_<)」。あれこれ考え頭はグルグル回る。しかし、そこは、所詮未熟な五、六才の子供の考えることだ。このままおばちゃんの言う通りジブンが動いた事にしようと決めていた。、、

そして、しばらくして、母が接客を終え家の中に入ってきた。

「あらー、髪短くなってよかったねー。またしばらく行かなくてもいいねー!前髪が短くていいわあ!」満面の笑み、、。耳は、、耳の傷はいつ気づく、、❓、、な、、何と、母は耳の傷に気づかなかった。確かに出血は止まっていたけど、一応ウッスラと赤い線が残ってる。なぜ、なぜ、あなたは気づかない( ; ゜Д゜)。

そうなると、今度は、ワタシが落ち着かない。短くなった髪を触りながら、耳たぶにも手をやる。そして、ついに母に耳の事を切り出した。「おかあちゃん、今日ね、床屋さんで、耳切られた😭⤵⤵」不意に涙😢が溢れる。「あらー、あらー、本当だ😖。こめんね、おかあちゃん、気づかなかったよー。痛かったろうね、、◯◯子が、切ってる最中に動いたからかい❓」、、え、、母、、ワタシが動いたからって思ってるみたい、、😣。母は、普段落ち着きのないワタシが動いたからだとハナから思ってるみたい。、、もう、いい、、。ここで否定する気は起こらなかった。気づくと心とは裏腹に「うん。」ってうなづいていた。「そっかー。これからは、気を付けるんだよ、また耳切れたら大変だからね、、」、、子供の頃というのは、このように、よくわからないが、いつの間にか何かしら事実とは異なることを受け入れざるを得ないことも、多々ありましたな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショボンもトボンも、、 | トップ | ヒトハヨワイ、、 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
理不尽 (junne)
2016-10-13 20:45:30
子供(幼少期)の頃って、どうしても理不尽な事の渦中に在りますよね~。その床屋さんの一件にしてもそうですよね。でも、それを現在に置き換えてみたら・・・。
地域性・社会性・人間性・環境・・・色々有るでしょうけれど、大問題になっていたでしょうね。それでも、登場人物は変らないのかなあ?自分のせいにしたくない床屋のおばさん、先入観を持っていたお母さん、そして真実を言えないあなた。どこかで誰かが変っていたら・・・、それが昔発現していたら、あなたの人生観も変っていたかも・・・なんて思いました。
当然時の流れが人を築きあげて行くのですから、その大きな流れの中では、余り意味を持たないかもしれませんけれど、どうなのかな?もしもあの時真実を言えるあなたであったら、いま、何かが異うと思いますか?
世の中、理不尽な事に溢れていますよね。いつの頃からか覚えていませんけれど、多分幼少期だったと思いますけど、私は『処世術』として無視したり反発したり、その状況を上手く利用したりするようになっていました。悪い子ですね。それが現在の「迎合しない・阿らない」人生観を築き上げたのだと思います。早い話しわたしは我が儘路線を自分で選んでいたんですねえ。結果、良くも有り悪くも有り・・・で、何とも言えませんが。

話しが逸れましたけれど、「耳切り床屋」さんの一件では、何かトラウマみたいなものは発現しませんでしたか? その後のあなたに何か影響を与えるものが有りましたか? 余計な事ですが、私にはそちらの方に興味を抱いてしまいます。
勝手な事をつらつらと書いてしまった様で申し訳ありません。 でも、ちょっと気になったものですから…。
断れないひと、、 (sachizazass2005)
2016-10-14 01:45:31
コメントを有り難うございました。、、
そうですね、昔の出来事やトラウマ、、
今のジブンの人生への影響、多分にありますね、、。ワタシは、断れないし、言えない人、であります。人とのいさかいが異常に怖い。
幼い頃はどちらかというと、ピエロのような役が多かったし、、。思い出したら哀しくなってきました。いつも回りを明るくしなくちゃって、子供なりに気を使っていたような気がします。大人になっても人は早々変わるものではありませんよね、、。未だに人に対してきちんと本音を言えないところは、そのままです。junneさん、するどいですね。
断れないひと、、 (sachizazass2005)
2016-10-14 01:45:59
コメントを有り難うございました。、、
そうですね、昔の出来事やトラウマ、、
今のジブンの人生への影響、多分にありますね、、。ワタシは、断れないし、言えない人、であります。人とのいさかいが異常に怖い。
幼い頃はどちらかというと、ピエロのような役が多かったし、、。思い出したら哀しくなってきました。いつも回りを明るくしなくちゃって、子供なりに気を使っていたような気がします。大人になっても人は早々変わるものではありませんよね、、。未だに人に対してきちんと本音を言えないところは、そのままです。junneさん、するどいですね。
だからこそ・・・ (junne)
2016-10-14 05:59:14
珍しく就寝時間が遅かったみたいですね。

そんな貴女だからこそ、杜の声が聴こえたり、色彩が見えたり、空気を感じる事が出来るのだと思いますよ。それは、或る意味で感性なのです。人によって当然異うその感性が貴女には備わっている。
幼少期と云うのは、その感性を感受し、育てて行く大事な時期ですので、全ては環境を含めて、そこから始まるんですよね。その感性、大事にして下さいね。
junneさん、、😢 (sachizazass2005)
2016-10-14 06:08:49
すみません、、ほんとうに、今、心が痛んでおりまして、、。先週の接触事故のあとが、こじれております😢。ですが、、blogは続けたいと思っております。続けて書くことと、辛くても杜へ行くことは、絶対やめないつもりです。、、変な返事で済みません。眠れてないので、、。本当に、すみません。
お大事に (junne)
2016-10-14 06:34:27
なにがあっても、気丈に・・・ね。
頑張って、乗り越えて・・・としか言えません。
眠れない辛さ、長期不眠症の私には良く解りますよ。
PCを通して応援する事しか出来ませんけれど、何とか頑張って下さい。
こんな今だからこそ、強い心が必要な時。
私の指針にしている言葉を送ります。

『大事な時の気丈が道を開かせる』
有り難うございます。 (sachizazass2005)
2016-10-14 06:36:33
解決したものと思っておりましたら、甘かったようで、、何とか乗り越えていきますので、、♥本当にありがとうございます。力が沸いてきました。💪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL