さちこの旅のおすそ分け

存命の喜び、日々に楽しまざらんや

山本康寛さん びわ湖ホールロビーコンサート

2016-10-16 | びわ湖ホール
昨日のロビーコンサート、山ちゃんと基村昌代さんが1時間みっちり沢山の幸せをくれた。
山ちゃんはロッシーニアカデミーでわき目もふらず眼の色変えて研さんを積んだ成果を披露してくれた。一回り大きくなった山ちゃんにうるうる。

過酷な時間を過ごしたのか、奥さんの健康管理の賜物か、体はスマートになっている。太っても心配し痩せても心配する複雑な母心。

冒頭4大テノールの竹内さんと清水さんが、乱入の如く友情出演し、オーソレミヨ を3人で歌う。大きな拍手の中颯爽と引き上げる二人を見送り始まった、秋を歌う日本の歌。
しっとりとしてきれいな歌声。

そしてドン パスクワーレから、哀れなエルネスト。
今月23日びわ湖ホールでドン パスクワーレが上演されるので、付け刃的予習をしようと3回フローレスがエルネストを歌うドン パスクワーレを聴いた後だったので、山ちゃんとフローレスを比較してしまった。
なんか似てる。
23日の公演でエルネストを歌うのはアントニーノ シラグーザさん、フローレスと並び立つ大物テノール歌手をびわ湖ホールでの1回きりの上演の為だけに日本に呼び寄せるという大変贅沢なオペラだそう。
滅多にない機会です!まだ空席がありますから是非皆さんお越しを!

アルベルトゼッダ神様から直接指導を受けたというアルジェのイタリア女のアリア 山ちゃん変わった!と思った。

highーc大連発の連帯の娘 2月11日の上演が楽しみ!

基村昌代さんの落ち着いたソプラノもとっても素敵で、フリッツ ブンダーリッヒの歌を聴いて好きになったレハールの曲のデュエットにうっとり

隣席の大阪から駆けつけて下さった方が、琵琶湖を背に眺めながらのコンサート素敵ですねと言われて、日常の幸せを忘れてしまっていることに気づいた。
下の写真はびわ湖ホールのFacebookから







高校時代の友人と一緒に山ちゃんの声を楽しんで、琵琶湖岸を散策し、プリンスホテルの夜景を楽しみながら夕食を戴いていたら、突然花火が上がり、最初から最後まで幸せ!

そして今日!これからいずみホールに出かけ、清水徹太郎さんの美声に酔って参ります。
守山の友人に戴いたチケットで!
山ちゃん素敵!徹太郎さん素敵と叫んでいると、時々こうやって、遊び呆けているしょうもない婆さんに、チケットを送って下さる方があって、有り難いこと!


Don Pasquale Ruggero Raimondi Isabel Rey Juan Diego Flores



Don Pasquale - Gaetano Donizetti - 2006
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌7 定山渓温泉 | トップ |  ロッシーニフェスティバル20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL