さちこの旅のおすそ分け

存命の喜び、日々に楽しまざらんや

セミラーミデ 藤沢市民会館行ってきた。

2016-11-02 | オペラ
藤沢の市民合唱団とオーケストラの発表会にプロが参加し園田さんが指揮をするのだと余り期待はせず、山ちゃんの歌を聞くためだけに藤沢に行った。失礼いたしました!とまずはお詫びを言わなければならない程楽しかった。

山本康寛さんがうたうイドレーノはアリアの数こそ少なかったけど、一つ一つの曲が素晴らしく、決して端役ではなかった。アンサンブルでもしっかり聞かせてくれて満足した。

ナビゲーターが毎回山本さんを、超絶技巧・超高音と紹介するのだけど、難しい曲を滑らかに華やかにハートを込めて歌ってくれた。決して超絶技巧だけが彼の特徴ではないのだけどなぁ。

ふられ役の山ちゃんを見る機会なんてそうそうないかも・・・

安藤さんのソプラノも美しく、華やかで・・・そしてオーケストラもこれで素人?というほどうまかった。



日本での実質初上演と紹介していたけど、実質というのは演奏会形式だからということかしら?

字幕ばかり見なくても大丈夫なようにあらかじめ予習をして行ったのだけど、ナビゲーターの詳しい解説で、予習してこなくても結構楽しめる感じだった。


Semiramide-Rossini-Anna Caterina Antonacci-1991











『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディミトラ・テオドッシュウ... | トップ | 鎌倉散策 »

コメントを投稿

オペラ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL