さちこの旅のおすそ分け

存命の喜び、日々に楽しまざらんや

京都散策 藤森神社 城南宮 京都駅

2017-06-12 | 京都
梅雨時なのにお天気がいいので、紫陽花がきれいという藤森神社へ。

藤森駅でマップを貰い、いざ出発。目的地は駅のすぐ近くだった。紫陽花には少し早かったかな? 

重要文化財に指定された古い建物もあり、青い狛犬さん、地域の人が汲みに来る名水もあり、菖蒲→勝負→競馬と連想ゲームみたいなご利益があったり、面白かった。

  


    

      


        


この後、桓武天皇陵にいこうか、城南宮に行こうかと悩んだあと、城南宮へ。歩いて約30分。

昔家を建て替えたときに方除けのお札を貰いに来たことがある。2回目は曲水の宴を見たいという元姑の希望で家族全員で来た。今日は3回目。

お参りしたあと、お庭の拝観。春は梅が美しく、秋は紅葉が目を楽しませてくれそうだけど、6月はあまりお花はない。しかし、庭は、かつての離宮の遺構もあり、いろんな形式の庭を見ることができて楽しい。

立派なお庭を見ながら戴くお抹茶は、お干菓子でなく生菓子だったらいいのにな。


      


         


           


               


     


竹田駅まで歩き、京都駅へ。伊勢丹の中にある美術館に暁斎の絵を見にいく。イスラエル ゴールドマンさんのコレクションを展示している。

鳥獣戯画の雰囲気に似た動物たちの躍動感あふれる動き、鬼や神様やリアルな幽霊、水木しげるさんのように妖怪に愛情を注いでいると思わせる絵もあり、バラエティ豊かな楽しい絵だった。

リーフレットの写真は立命館大学アートリサーチセンターによる。

最後に京都駅を案内すると妹が言うのでついていった。京都駅ができたときには批判が多かったけど、そして京都の伝統的美しさとは異なるけど、面白いところだった。

    
 

         


                       
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムジークフェストなら びわ... | トップ | ラムサール条約紀行6 チャツ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL