人生すべてが「やってみた」

「やってみた」人生を自叙伝にして出版します。
幻冬舎の舘野晴彦取締役が好きです。よろしくお願いします。

◎SHOW ROOM の勝算

2017年07月16日 | マイストーリー
前田さんの「人生の勝算」を読みました。まず読み物としてとても面白かったです。
私は、前田さんのビジネスの勝算にも、非常に関心があります。
日本は、モデルをアメリカにとったビジネスが多いです。
実積も多数あります。
日本人は勤勉で、
模倣を進化させることが得意です。

前田さんのビジネスの新しいのは、中国をモデルにしている点です。
アメリカを模倣して成功してきた日本の経営者は見てきました。
前田さんはそれに続きそれを越えていくことになるのでしょう。大いに期待しています。

中国のビジネスの進化は、他国と異なり想定外の動きとなることが多いので、多くの経営者が苦労してきました。中国ビジネスを研究熟知しているのであろう前田さんの動きに注目します。

百度が出てきたとき、アメリカ人はGoogleやヤフーに敵いっこないと侮っていました。だけど百度は強くて、中国人は中国のサービスから離れない。日本人みたいに易々と、Googleヤフーに流れなかったんです。アメリカの巨人たちが舌を巻きました。

テンセントの成長の背景には、中国のネトゲ廃人の増殖がありました。ちょっとネガティブな言い方になりましたが、社会現象を巻き起こしたのです。

前田さんのSHOW ROOM は、中国に成功事例があるそうです。日本が中国と同じようになるとは限らないことは前田さんもちろんわかっているでしょう。国民の総数と熱量が全然違います。
となるとやがて、日本のアイドルを輸出する勝算もあるのかな?
日本はどう展開していくのかな?
攻めてく成長していくSHOW ROOM から、目が離せませんね。

人生の勝算 (NewsPicks Book)
クリエーター情報なし
幻冬舎


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いなさの雛ちらしずし | トップ | 覚えている未来 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL