人生すべてが「やってみた」

「やってみた」人生を自叙伝にして出版します。
幻冬舎の舘野晴彦取締役が好きです。よろしくお願いします。

◎『いのちのはな』

2017年07月14日 | マイストーリー
芸術学部に社会人編入して、
小説を書きました。
ジャンルは純文学、
当時は
主人公が自分そっくりで、
自虐的なのが流行ってた。

(というか純文学ってそういうものか)

散りゆく花

というタイトルでした。
指導教官にもうちょっといいタイトルをと言われ、
長いのにしたらって言われて、

いつか生まれ来る君のために

になりました。

私の作品は、
大学の賞を受賞しただけで、
私の作品としてこの世に出ることはありませんでした。
種は種のまましぼんだ。

そのあとNHKで

花は花は花は咲く
いつか生まれ来る君に


しきりに歌われて、
(笑)

こういうふうに言えば
お金になるということを教えられました(笑)
でも、私の心にはちっとも響かなかった。
なんというか、
その作品は、
借り物だったから。
言葉の借り物。

世界に一つだけの花

は響く

花は咲く


響かない

ちがうんだな

いのちのはな


響く。
自分のための
本みたいって・・・
みんなが
そう思う
たぶん

あきらめない心を育てる絵本「いのちのはな」
いのちのはな
KADOKAWA


普遍性のある、お姫様と王子様のお話でした。

追伸
このメッセージが、
「私の」王子様に届いてるといいな(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癒すってセルフだよ(笑) | トップ | ◎家族について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL