人生すべてが「やってみた」

「やってみた」人生を自叙伝にして出版します。
幻冬舎の舘野晴彦取締役が好きです。よろしくお願いします。

◎人間の器とは    

2016年11月01日 | マイストーリー
東野さんは、かっこわるいよ(笑)

今頃になって、西野さんのことを評価する向きが吉本に出てきてるみたいで、評価してる人までかっこよさげに取り扱ってるけど、
かっこわるいなと思います(笑)
完成した絵本を見て、売れる目途が立ってからもてはやすって、もっと早く言えよって感じ。
西野さんがうめだギャラリーに来てくれた頃はまだ、
吉本で嫌われてるので有名ってことで、
私の耳にも聞こえて来てて知ってましたけど、
才能あるし、
いい人じゃない。
見ればわかるでしょ。
のぶみさんは、ずっと西野さんと組んでて、
ちゃんと見通してたよ。
世間の風評に惑わされず、
結果だけにとらわれず、
人間を見るって
大事だよ。
それが器。


「お金があっても、心が貧しいと何の意味もないと思いますが。
あー、醜い醜い醜い。この犯罪、
醜悪至極なり!」(第3話 法門寺沙羅駆)

「私は、
お仕事として沙羅駆さまにお仕えしているわけではありません。
沙羅駆さまの人間としての器、
そしてご恩返しとして私の人生をお預けすると決めたのです。
私が沙羅駆さまを裏切ることなど
ぜったいに!
ありません」(第3話 賢正)

オフィスの女子トイレやツイッターで愚痴ってるだけじゃ
世の中はちっとも変わらないけど、
テレビで、織田裕二やおディーンに語気を強めて
いいこと言ってもらえば、
世の中も少しは変わるんだよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | ◎「人生を変える授業」  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL