人生すべてが「やってみた」

「やってみた」人生を自叙伝にして出版します。
幻冬舎の舘野晴彦取締役が好きです。よろしくお願いします。

◎家族について

2017年07月14日 | マイストーリー
親子の関係に苦しんでいる人はたくさんいます。
誰かのお役に立てるかもしれないので、
私のケースについて改めてお話ししたいと思います。
私は40歳近くになるまで、父とほとんど話をしたことがありませんでした。
40歳近くになるまで気が付かなかったのですが、
その関係性を構築していたのは、仲を取り持っているように見えた母。

フランス旅行に父と二人だけで行くことになったのは、できたのは、
父が脚を切断しないといけないかもしれないと主治医に言われてからでした。(父は先天性の糖尿病で、なのに不摂生ばかりしている人でした)
老いてきた、脚がなくなるかもしれない、死ぬかもしれない
なら
その前に、
行きたいと言ってたフランスに行こう、同伴してあげるよと。

二人の間にずっと立ちはだかっていた母が、
そこで初めて、一歩退いたのです。

父と仲良くなったときは、私はもう十分な社会経験を経た大人ですから、母が間を取り持つようでいて実は双方にネガティブな話をしていたために、直接的関与を妨げていたとわかってしまいました。でも母はそうやって、自分の立ち位置、居場所を築いていたのです。それが、彼女の方法だったのです。母を恨みになんて思いませんし、育ててくれたことには本当に感謝していますが。

50歳で私が離婚したのを機に、共依存関係にあった母が一歩退きました。
それで今は、母と距離を置けています。もっと早くこういう関係が築けていればお互いにもっと楽に生きられたのでしょうが、私にも依存心があり罪悪感もあって、なかなか離れることができなかったのです。親子問題は深いです。

さて私は、ここから一歩前に踏み出します。
神様からも、早急に踏み出すよう促されているようです。
今年または来年結婚できますように。

30歳で結婚、
40歳で父との問題解消、
50歳で離婚、母との問題解消、
60歳を待たずに再婚ができますよう、ぐずぐずすんなよ!っと叱咤激励応援よろしくお願いします(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◎『いのちのはな』 | トップ | ◎変革の大チャンス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL