藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

踊る!ソルフェージュ

2017年03月14日 | ピアノ教室
近現代の曲には、面白い和音が沢山使われています。
その中には、変!汚い!なんて思ってしまうような響きもあります。

変!って、どんなふうに変なのかしら?
じゃあ、変じゃない和音に置き換えるとしたら?
汚い!と思う響きのぶつかりは、なぜ生まれたの?
なぜこの瞬間でなくてはいけなかったのかしら?
理由もあれば、それをどう解釈して受け止めるかの感性も必要。

一足飛びにそんな高度なレベルを求めることは無理ですが、
拒否反応ではなく「このへんてこりんな和音、なんだかおもしろいね!」
と興味のアンテナが動き、じっくりキャッチする耳を育てたいものですね。

そこで聞こえた和音の種類に合わせて、ハイポーズ!の練習を。
長三和音はニッコリポーズ・短三和音は泣いているポーズ
増三和音は万歳しすぎてひっくり返りそうなポーズ、
減三和音はもう最悪と頭を抱えたポーズ。

始めは聞き分けに時間がかかった生徒たち、
そのうちに反応が早くなっていきました。
最後には、連続して弾くとパッパとポーズをかえ、
まるで踊っているみたいでした。笑
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吹奏楽部定期演奏会 | トップ | 自分だけの楽器 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ピアノ教室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。