藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

得意と苦手と

2017年04月16日 | ピアノ教室
どんな生徒にも、得意と不得意はあります。
得意な部分は放っておいてもぐんぐん吸収して伸びていきますが、
苦手な部分はそうはいきません。

得意と不得意の差がひらけば開くほど、
本人のやる気や才能とは無関係に、
いい練習や上手な演奏がしにくくなってしまいます。

苦手な所は、何かに原因があって伸び悩んでいる部分、
吸収しそこなっている部分です。
なので、レッスンでは基本に戻って理解しなおすことからはじめます。

が・・・。
これが子供たちにとって実に「イヤ」な事なのです、困ったことに。
得意なことはあんなに気持ちよくできるのに、
苦手なことを身につけるのは、まさに忍耐のみ。
出来ているのか出来ていないのか、
それすらよく分からない、、、なんてことすらありますから。

でも、苦手部分の上達が少しでも実感できると、
演奏がグングン変わっていくのです。
~忍耐の向こうには、嬉しいことが待っている~
その実感さえつかめばしめたもの!

ステージで弾く時は得意な部分を一層素敵に。
でも練習の時は、苦手部分をしっかり身につけて。
上達のコツです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発表会の写真できました | トップ | 3歳くん・3歳ちゃん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。