ナマケモノ通信

昔、知人に雰囲気が動物のナマケモノに似ていると言われたことがありまして、このタイトルです。

霊能者風詐欺師

2016年10月08日 | Weblog
今日の午前中は雨が本降りだったのですが、時雨沢恵一氏の「キノの旅」の新刊を買うために、駅ビルの本屋さんへ出かけました。
本を買った後、スーパーで洗剤を買おうと駅ビルを歩いていると、スーツ姿の真面目そうな男の人が「すみません」と声をかけてきました。道でも尋ねるのかと思い振り向くと、深刻そうな顔で「実は私は〇〇(地名)の神社の者ですが、さっきお姉さんをお見掛けしてびっくりしたので声をかけさせて頂きました。お姉さんの額に漢字の八の字が浮かんで見えたのですが・・・」
そこまで聞いて私は「そういうの結構ですから!」と言って振り切って逃げました。その男の人の話し方は真に迫っていて怖いものを感じましたが、たぶん話し方の上手な詐欺師でしょう。私もいろいろ常日頃不安に思っていることはありますが、付け込まれてはたまりません。
でも、スーパーで洗剤を買った後、さっきの話はネタとして面白くブログや小説の元にしたらよいのではないかと、さっきの男の人を探しながら駅を通ったのですが見かけませんでした。
「あなたの額に漢字の八の字が浮かんで見える」このあと、どう話を続ければ話として盛り上がるでしょうか? 私の想像力では浮かんできません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハーゲンダッツ | トップ | ストーカーすれすれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。