ナマケモノ通信

昔、知人に雰囲気が動物のナマケモノに似ていると言われたことがありまして、このタイトルです。

お役所でたらい回し

2017年06月15日 | Weblog
実際に役所へ行ったわけではなく電話での話です。最後には電話で「面倒くさい! もう嫌だ! 健康診断なんかしない!」と言って電話を切り、10年ぶりくらいに声をあげて泣きました。健康診断をそれほどしたいわけではないけど、一番気になるのは役所に登録されている私の情報がいいかげんなことで、税の申告手続きをして誤解を正さなければ、この先困ることがあるかもしれないし、保健所が正常に私の健康診断の費用の免除の手続きをしてくれるかどうか監視したほうが良さそうです。
もうイライラしていて正常に文章を書く自信がないです。が気持ちを整理するためにも順を追って書きます。
私は病欠が長引いて会社を解雇されて以来20年以上健康診断を受けていないのです。そして長いこと実家の父の扶養家族に税金上なっていたのですが、平成28年度の確定申告から、扶養を抜けたので、私は非課税世帯ということになります。
非課税世帯ということは私の暮らしている市では、健康診断の受診料が無料になるということなので、私は役所に申請に行ったら、郵送でしか申請を受け付けていないし、郵送の切手代は申請者もちです。と言われたので、保健所に電話して申請書を郵送してもらい、かなり複雑なその書類を記入し、切手代を払って郵送しました。
ところが先日、申請は却下されました。理由は課税状況が確認できないというものでした。私が父の扶養を抜けたということは市民税課に以前にも話したのに、そのことを書類で申請しなければならないということを今回はじめて言われて、今、申告書類を送ると言われているところです。その書類を郵送するのにも新たに費用が発生するのでしょうか? そして、保健所に再び電話したら、改めて申請書類を郵送するように言われたので、申請書類を取り寄せるために自分の住所を言いかけて、切手代や封筒も用意しなければならないと思ったらブチッと切れて、「面倒くさい! もう嫌だ! 健康診断なんかしない!」と電話を切って、情緒が不安定になり泣き出してしまったわけです。何故同じ書類を二度手間で書かなければならないのか? お役所仕事もいいところです。
マイナンバーは何の役にも立っていない。
もう全て忘れて全て投げ出したいけど、そうゆうわけにもいかない。

追記:電話代や切手代のことを考えたら無意味な制度です。

さらに追記:私が父の扶養を外れたことで、今、私は課税状況不明になっているので、健康診断の費用免除申請を却下されただけでなく、今日、課税状況不明が原因で健康保険の保険料が今までの10倍以上の金額で請求されました。早く市民税課に私の収入状況などを申告したいです。お役所仕事は臨機応変ではないけど、根気良く手順を踏めば、いつかは望む結果に辿り着くと思い冷静に気長に頑張ることにします。
6月はのんびり出来るかもしれないと思っていたのに、営業の人に粘られて電力会社を変更したり、テレビを買い替えなければならなくなったり、何だか落ち着かないです。7,8月こそのんびりしたいけど、叶うかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植物図鑑 | トップ | テレビ買い替えました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。