ナマケモノ通信

昔、知人に雰囲気が動物のナマケモノに似ていると言われたことがありまして、このタイトルです。

キャラメルロール

2017年04月19日 | Weblog
ロッテのオンラインショップで銀座コージコーナーのケーキを注文しました。冷凍の状態で届いて。冷蔵庫で6時間以上解凍してから食べるものですが、解凍する前に写真を撮りました。食べるのは明日なので明日以降のいつか感想を書くかもしれませんが、とりあえず、デジカメからパソコンに写真を取り込む試験のため写真のアップの実験をします。ケーキはキャラメルをふんだんに使ったキャラメルロールです。あまりうまく写真に撮れた気がしませんが・・・。

  


  

  

追記:キャラメルロールを食べた感想です。レビューで「ほろ苦い大人の味で癖になる」とあったけど、私の感想はそんなにほろ苦く感じませんでした。美味しかったけど、値段の割にはどうかなぁ? 私は千円割引クーポンを使ったので良いけど、それほど贅沢な味わいとは思えなかったかも。もっとキャラメル風味のクリーミーなものを期待していたけど、そんなにふわとろではなかったです。リピはなしかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン新調しました

2017年04月15日 | Weblog
結局パソコンは壊れてしまい。修理したところで信用出来なくなっているし、新しくパソコン買いました。まだ、使いかってが慣れなくて、以前と同じようには使えません。画面の色が以前とだいぶ違いますし、新しくなったワードも以前と違っています。だからオークションをやるのも不安があるし、「精霊幻想記」全巻処分するのも次の8巻が出た頃かな? と思います。一番の不満はターゲットを男性にしたような方針なので急ぐことはないのです。それにしてもPC抜きの生活を二週間くらい送って、変な感じがありました。普段結構依存しているようです。

話は変わって、数日前、ゴミ出しに行ったらゴミ置き場の隣に不審な感じの自動車が止まっていたので嫌な感じがして、さっさとゴミを出そうとゴミ置き場にゴミを置いた後、車を見たら、例のストーカーでした。急いで逃げたけど、後で考えると私が出したゴミを拾われていたら気持ち悪いと思いました。不用意にゴミは出せないのでシュレッダーを買わなければと考えています。そんな話を実家の母にしたら、そう感じるのは私の持病の精神疾患のせいでそんなことはないだろうと言われました。でも、私が思うに因果応報というか、二十代前後の私はかなりしつこいストーカー気質で、なかなか諦めないでしつこく好きな男性につきまとった経験があるので、こういったことはしつこい人はなかなか諦めないということを経験上思うのです。若い頃の私、かなり気持ち悪い人だったなぁ。しつこいということは気持ち悪いことなんだと、私の歳で始めて知りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン壊れそうな予兆

2017年03月21日 | Weblog
お知らせ記事です。今日、PCが問題があるため再起動します。という文字が出た後、再起動を狂ったように自動で何度も繰り返したので、もう初期化するか、パソコン買い替えかと焦ったのですが、自動診断を立ち上げて「準備中です」の表示を1時間くらい見て、もうダメだと思い電源を切って、もう1度電源を入れたら動きが重いけど、何とか元に戻ったけど、この先どうなるか怖いです。もうこのパソコン6年くらい使っているし、そろそろガタが出るかなぁ? 強制的にウインドウズ10になっているけど初期化すればウインドウズ7なんだけど、もうプリンターとかウインドウズ10ということで買い替えているんですよね。兎に角、私がネット上で不在になったら、原因はPCの不調かもしれません。やっぱり、同じパソコンを何年も使い続けるのは無理なことになっているのかな? オークションを開催する予定があったけど、オークション中に壊れなくて良かった。信用に関わりますものね。

話変わりますが、このブログをずっと気にかけている方に、今の私の父についてお知らせすると、すっかり弱って、要介護5、障害者手帳1級です。でもボケてはいなくて、この前は寿司を美味しそうに食べていました。いくらアクが強くて、人を振り回して困らせていた人でも、あそこまで弱ると積極的に死んでくれとは言えないですね。あと、ストーカーで困っている今、父に強くて守ってくれるという側面が期待できないのは痛いです。母は老々介護でうんざりしているみたいだけど、私は実家には戻りたくないです。でもストーカーがすごく気持ち悪いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のストーカー

2017年03月15日 | Weblog
すっかり油断してぼんやりしていました。実家で両親と一緒に寿司を食べようとスーパーで三人前の寿司を買い、実家に向かって歩き途中信号が赤になったので待っている時でした。ふいに「お寿司ですか豪勢ですね!」と言われて実家と付き合いのある近所のおじさんかと思い「スーパーの安いやつですよ」と答えて振り向くと、いつものストーカーでした。そしてストーカーは「ご主人と一緒に食べるんですか?」と聞いてきたけど、信号が青になったので無視して早歩きで逃げました。気持ち悪くて走りたかったけど膝が悪いので走れないのです。でも、ここは「主人と子供と一緒にです」とか言って引導を渡す機会だったのかな? 「迷惑なので今後一切話しかけないでください」と言いたいと思っているのに、ぼんやりしていると愛想良く返事する癖が私にあるので厄介です。でも、スーパーの寿司を豪勢だと言うような貧乏人のじいさんにアプローチされても迷惑です。どれくらいしつこいなら警察にストーカーとして訴えていいのか境界が曖昧で困っています。
ストーカー問題は若い人の問題だと思っていたので、まさか私の年齢でこんなことに巻き込まれるとは思いませんでした。小笠原へのクルーズに参加しようと思っていたけどキャンセルします。出会いを求めるお年寄りに近づかれたら最悪です。もっと年をとって相手にされなくなった頃行こうと思っても、私の今の容姿から想像し、私の母を思うと、かなり可愛らしい上品なお婆ちゃんになる可能性が高いです。晩年のモテキとか面倒だし勘弁して!!
まさかこれほど煩わしいものだとは知らなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

86 エイティシックス

2017年03月10日 | Weblog
第23回電撃小説大賞の大賞を受賞した、安里アサト著『86 エイティシックス 』を購入しようと思ったのは、ちょっとした気まぐれと帯の時雨沢恵一氏の推薦文からだったけど、かなり面白かったです。ディストピア感が全体に緊張感と刺激を与え、一方の主人公の少年の第一声の静謐な感じに物語へ引き込まれる力がありました。この話はシリーズになるのかな? 後日譚も気になります。まあ公募で大賞を受賞する作品が面白いのは当たり前で、同じレベルで次回作以降も書けるかどうかはわからないけど。そういえば『12月のベロニカ』も何かの大賞だったけど、作者は今どうしているのでしょうか? 読んだきっかけはリゼロの作者のつぶやきです。リゼロの作者の趣味は私と相性が良いので、最近では『ランドリオール』というマンガについてツイッターで面白いと強く推薦していたので気になってしょうがないです。
それで、今私がしていることは本棚を整理して処分する本を選ぶことです。そして新しい本のコレクションを並べる予定です。今のところ時雨沢恵一氏の本は処分候補ではないので、今日発売の新刊は買ったけど当分読む予定はないどころか去年の『キノの旅』の最新刊もまだ読んでいません。そして『精霊幻想記』は4月1日発売予定の新刊を読み終わると同時に全巻処分する予定です。「小説家になろう」の掲載作品で初めて買った書籍化作品だけど、どうもあまり強く惹きつけられなくなったので新刊で買うことはないという結論です。古書として高く売れそうなので人気があるのはありがたいです。イラストのサービスショットは私にはマイナス要因だったなぁ。表紙の絵は毎回素晴らしいだけに惜しいです。

追記:漫画家の樹なつみさんの作品は絵もストーリーも雰囲気も私との相性がかなり良いみたいです。処分しようとして読み返しているけど、手放すのが惜しいです。いずれは電子書籍で揃えなおすのだからと思っても紙の本でも持っていたい。思いきれるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愚痴大会

2017年02月23日 | Weblog
今日は愚痴を書きます。苦手ではなく、他人の愚痴が興味深い方はお付き合いください。ぐちぐち長文予定です。

①物価がじりじり上がっている感じで、世知辛いです。全体的にそう思うのですが、例えば、おにぎり3個にウインナーや卵焼き、ちくわの天ぷらなどのおかずがこまごま付いて税込み280円でお得だと思っていた「おにぎりセット」が税抜き280円になり、次に税込み300円になり結局税抜き300円になり、そしておかずの量が減りました。
夕飯替わりに安売りのサツマイモを食べれば百円以内で夕食を済ますことが出来ると思っていたら、イオンでサツマイモの安売りをやらなくなりました。そこでKストアで小ぶりのサツマイモが8本入って170円のお徳用の袋のを買ったらサツマイモの品種が水分のないぱさぱさなもので食べずらかったです。実家の母に電話したら、「ぱさぱさじゃなくてホクホクって言って美味しいよ牛乳と一緒に食べたら」と言われたので明日あたり牛乳を買おうと思います。ネットで調べたらホクホクの品種のサツマイモは牛乳で煮てバターなどを加えてスイートポテトにするといいらしいですね。

②私は三越伊勢丹通販をかなり利用しているのに、クレームをつけた時、あまりにも愛想のない返信メールが返って来てがっくりしました。公正な態度はいいけど、もう少し口先だけでも愛想の良いメールに出来なかったのかな? 品質の良い商品を売る割には値段が高過ぎないので気に入っていたけど、当分利用は控えようかな。私が買わなくても買いたい人は大勢いると思っているのだろうし、実際そうだろうね。

③イケメンの素敵な男性にモテるならいいけど、加齢臭のしそうなオジサン(じいさん?)にアプローチされるのはすごく迷惑。私が美しすぎるのがいけないということはなくて、たぶん「この程度の女なら落とせるだろう」というお手頃感で近づかれている気がする。待ち伏せして話しかけるのは止めて欲しいし、エレベーターで2人きりになるために待ち伏せするのは止めて欲しい。ぼんやりしていると2人きりでエレベーターに乗り合わせることになってしまい、しかも話の内容が「歩くのは健康にいいですよね」って、それなら階段利用しろよ! と即座に突っ込みすれば良かった。嫌悪感で固まって反応出来なかった。待ち伏せされているのではないかと思うと外出するのは気が重くなります。

④腐れ縁の友達は私が太っていて自分が痩せていることに優越感を持っていたみたいで、私がダイエットをどんどん成功させていくと焦って「〇〇(私)らしくないから太っているほうがいいよ」と言い出す。その他のことについても、何かと私に対して優越感を持とうとする言動で結局、その人にとっては私は優越感を味わうための対象でしかないんだろう。でも、実は私もその人のことを内心、痩せてる以外取柄のないつまらない人と思ってたりするんだけどね。子供の頃は一緒に外が暗くなるまで遊んで楽しかったけど、大人になってみると趣味が特に合うわけではなかったですね。

追記:愚痴ではないけど、ホクホクのサツマイモを牛乳と一緒に食べると激ウマでした。Kストアにまだ売っていたら、お徳用のサツマイモの袋詰め買いたいけど、そう上手く売っているかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小笠原への関心

2017年02月12日 | Weblog
若い頃、いろいろな観光地で住み込みのアルバイトをしながら、お金を貯めながら旅行も楽しもうとしていた時期があり、ある時八丈島という伊豆七島の中では遠い離島のホテルでアルバイトをしたことがありました。今はあるかどうかわかりませんが八丈島温泉ホテルというホテルで、住み込みの場所は1人で温泉の出るコテージを一つ割り当てられましたが食事付きという話なのに賄いを担当する人がいなくて、勝手にインスタントラーメンでも作って食べろとゆういい加減な運営のバイトで客層も何だか絡んできそうなガラの悪さもあり、すぐに辞めてしまいました。その中で印象に強く残ったのは短い間、一緒に働いた人に小笠原に住み込みでバイトしていた経験のある人がいて、少し小笠原の話を聞いたことです。主に島にはあまり娯楽がなくて飲み屋が流行っているとか、島と本土をつないでいる船の出入りに生活が左右されるとかそんな話でしたが・・・。
小笠原と言えば叔父が以前行って、お土産に絵葉書のセットをくれて、日本離れした植生と風景のイメージを持っていました。

それから何年か経ち会社員になり、更に何年か経ち諸事情で会社を辞めて実家に戻り、ふと思いました。「そうだ小笠原へ行こう」としかし、いろいろ調べているうちにわかったことがありました。船で小笠原へ行くより船で沖縄へ行く方が安いということにです。今、東京から沖縄への船便はあるのかないのかわかりませんが、当時は小笠原へ行くより安い沖縄行きの船があったのです。それで、当時は沖縄へ行ってきました。いろいろ面白いこともあり、その後、更に2回沖縄へ行ったりしましたが、今は小笠原の話です。

今、小笠原方面に関心が向いています。小笠原そのものではないけど、小笠原近辺を舞台にした小説を書けないか? と気候とか空気とか肌で感じたいし、小笠原へ行ってみようか? と思いつつ、小笠原へ船で行くのはいいけど、小笠原自体にはあまり関心なくて、小笠原へのクルーズが楽しめればいいなぁ。とクルーズ船のスケジュールを見たら、何と小笠原や更に硫黄島遊覧もあるというクルーズを見つけました。海にあるアメリカとの国境付近のクルーズはロマンなのではないかと、ときめいたのですが、世界一周クルーズの時にその国境越えはしていたんだとも思いました。
まあ、理由付けはともかく、久しぶりにクルーズに行きたいという気持ちが芽生えています。ただし、費用はかなりかかるので実現しないかもしれません。

追記:検索してみると八丈島温泉ホテルは廃墟として有名になってた(笑)。そして東京⇒沖縄 間の船の便はなくなっていた。今は飛行機の方がずっと安いらしい。でも、3日間かけて東京から沖縄の船旅は良い経験でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

君と100回目の恋

2017年02月06日 | Weblog
今、公開中の映画「君と100回目の恋」は先月、試写会で見ました。といっても、ビデオオンデマンドの、おうちで試写会という自宅で期間中の好きな時間に見られるものでした。試写会に申し込んで抽選で当選しました。申し込んだきっかけは、雑誌であらすじを読んでタイムリープものということに興味を引かれたからです。
実際に見てガッカリした点はタイムリープの小道具にレコードを使った点です。レコードは今でも残っているとはいえ古臭い印象を持ってしまいます。
良かった点はネタバレなしで言うと、タイムリープを繰り返して最後に辿り着いた結論がハッピーエンドと言えなくともすがすがしいものだったことです。後、ライブのシーンも映画ならではだと思います。原作の本は読んだことがないけど、機会があれば読んでみようかな? 映画のレビューを見て原作は涙腺崩壊らしいし。図書館にないか検索してみよう。

今日は録画した映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」を見ました。本当に肩の凝らない娯楽映画で映像がキレイでアクションも決まっていました。史実とは違うかもしれないけど、あの時代と飛行船の取り合わせが良かったです。ただ、三銃士のことは原作を読んだこともないし良く知らないです。有名だし、そのうち読んでみようとは思っているのですが、本当に何でも知らないことだらけで困ります。

追記:「君と100回目の恋」の原作はマンガだということがわかりました。図書館にはないだろうな。ネットカフェに行った時でも探そうか? でもそれほど気になるわけではないし、縁があればということですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リゼロから芋づる式に

2017年02月01日 | Weblog
夜更かしするつもりなんてなかったのに『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下リゼロと略す)についていろいろ話題を検索して夢中になっていたら、いつの間にか2月になっていました。検索してわかったことはリゼロは好みが別れやすく「信者」か「アンチ」になりやすいらしいということです。私は「信者」になってしまったみたいです。しかし「アンチ」の人がリゼロよりずっといいという作品が実はリゼロの作者の好きな作品らしいということがわかりました。
私の興味を激しく刺激したのは『CLANNAD クラナド』と『Kanon カノン』です。こうして見たいアニメは芋づる式にどんどん増えていくのです。それは小説でもマンガでも同じことで、こうして時間がどんどん過ぎていくのだろうなぁ。
リゼロの作者が面白いと言う作品は私も面白いと思うことが多いのでツイッターは要チェックです。
後、目が疲れるばかりだから、根詰めないように、適度に雑用したり運動したりしなくては。
会社員時代はワープロに向かいっぱなしだったし、目を酷使し過ぎです。

追記:クラナドとカノンはアニマックスにリクエストを出してみました。当分やりたいことがいっぱいなので、CSで放送してくれないか気長に待とうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サツマイモが美味しいー!

2017年01月31日 | Weblog
今日、スーパーの安売りでサツマイモを買いました。少し小ぶりだけど3個で税込み105円でした。品種は紅優甘です。
さっそく今日、そのうちの1個をオヤツに洗ってラップで包んで電子レンジで5分チンして、あったかいうちに食べました。美味しかったです。値段的にも高くないし健康にも良さそうなのでブームが起こり、サツマイモの安売りを見つけて回りそうです。それだけの話なのですが。

今日は引き出しの整理をしていたら、貯めこんでいた、赤い羽根を6本見つけました。街頭で募金してもらっているわけではなくて、町内会費か何かから自動的に購入(?)されているみたいで毎年ポストに入っているのです。捨てる気にもならないけど利用方法もないし、回収して再利用すればいいのにと思います。
とここまで書いて、赤い羽根の台紙のチラシを始めて読んでみたのですが、「募金にご協力下さい」と書いてあるけど、この赤い羽根付きのチラシは募金でもらったわけではなく、単なる宣伝なのか意味不明です。私は赤い羽根の募金は自動徴収されていると思い込んでいたけどどうなのだろう?

追記:赤い羽根募金について検索したらとんでもない記事がヒットしました。本当かどうかわからないけど、赤い羽根募金は町内会費から強制徴収され、天下り団体へのみかじめ料的なものだとか何とか。天下りを潤しているのかな?

さらに追記:今日は2月12日ですが、あれからサツマイモの安売りでサツマイモを買って、小さいのはオヤツに大きいのは夕食替わりに食べています。繊維質とビタミンがあって案外ダイエット効果があるのでは? と期待しています。お通じはすごくいいですね。サツマイモは秋・冬に限られるため今のうちに楽しみます。

さらにさらに追記:イオンのサツマイモの安売りがやらなくなったのでKストアのお徳用の袋詰めサツマイモを買ったらぱさぱさで食べずらかったのですが、これはホクホクの品種だということがわかって牛乳と一緒に食べたら激ウマでした。でも今日Kストアの売り場を見たら値上がりしていて世知辛いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Re:ゼロから始める異世界生活

2017年01月30日 | Weblog
「小説家になろう」に登録して以来、沢山の掲載小説を読んできましたが、今のところナンバーワンの作品が『Re:ゼロから始める異世界生活』です(以降リゼロと省略)。徹夜こそしなかったものの、強く惹きつけられました。この小説の文章には中毒性があると思います。すっかりジャンキーになってしまい書籍版の購入は確定です。ただ、この作品は完結までたぶん50冊くらいはかかりそうなので、本棚のスペースを確保する算段が必要です。いよいよマンガは電子書籍に乗り換えで、紙のマンガは処分してゆかなくては。
アニメのリゼロは応援で円盤を買うべきなのでしょうが、アニメはハードディスクに録り貯めたものを見るのが操作的に楽なので円盤は嫌いだから買わないだろうなぁ。できればアニメ専門チャンネルで一挙放送してくれたらハードディスクに保存したいです。
Web版のリゼロを出版社は削除したいかもしれないけど、あの中毒性のある文章を読んだ人は書籍版も欲しくなると思います。
リゼロには魅力的なキャラが大勢出てきますが、今のところ1番好きなキャラはパトラッシュちゃんです。パトラッシュちゃんのグッズ欲しいなぁ。

それに比べて毎回発売日に新刊を買っている「精霊幻想記」は印象が薄く、新刊買うほどじゃないような気がしてきています。もうしばらく様子見です。

追記:節分に恵方巻を買いに行く途中、書店に寄ったら、リゼロが全巻完璧に揃っていたのでオトナ買いしてしまいました。そして駿河屋の通販でパトラッシュちゃんにスバルとレムが乗っているアクリルキーホルダーを注文してしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暗殺教室

2017年01月26日 | Weblog
暗殺教室はアニメで見ただけですが、今日、アニマックスで2周目を見終わりました。又、機会があれば繰り返し見たいです。
かなり私の好みのストライクです。学園物としてとても良く出来ていて、3年E組の28名の生徒を一人一人よく描けています。あんなに大勢のキャラの描き分けが出来てすごいです。そして、殺せんせーも理想の教師像で、特に先生になる前の殺し屋時代は魅力的で思わず声優さんは誰がやっているのだろう? と調べてしまいました。中学3年生の1年間を学校行事と絡めて描くというのは、構成的にやりやすいかもしれないけど、その構成を十二分に生かしているなぁと感じました。私もいつか書くかもしれない、長編学園ものの小説で見習い参考にしたいと思う「暗殺教室」でした。
特に良かったのは先生を殺すラストです。そしてその後の生徒たちの進路とかも興味深かったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョジョの奇妙な冒険

2017年01月20日 | Weblog
マンガで読んだ時は何故か記憶にあまり残らなかったのですが、アニメ専門チャンネルで一挙放送したのを録画して見てとても面白かったです。
相性から言えば好みのストライク真ん中ではないけど、そんなことを言いながら、ダイヤモンドは砕けないでは一気見してしまい夜中の3時まで夜更かしをしてしまいました。ハラハラ展開するバトルや駆け引きで目が離せなくなります。ディオ様や吉良や敵役も魅力的でスタンドのアイデアも毎回楽しみでした。「ジョジョの奇妙な冒険」の一挙放送を企画してくれたアニマックスに感謝です。有料契約でも悔いはありません。
それに比べてNHKの受信料には不満が一杯です。特に嫌いな相撲中継をしている今の時期は不満が高まります。各チャンネルに満足度に応じた料金が払える制度になって欲しいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魔法科高校の劣等生

2017年01月15日 | Weblog
去年の12月の終わりから今日までかけて、「魔法科高校の劣等生」を最新刊まで読破しました。
面白くて引き込まれて1度は徹夜して読みました(九校戦編あたり)が、面白い部分とそうでない部分とムラがあり、集中力が途切れてしまう部分もありました(来訪者編とか)。
しかし、全体的に見れば面白いので2月10日の新刊も楽しみで継続してシリーズを読む予定です。いよいよ高校3年生ですね。登場人物達にも愛着が湧いてきて高校生活が終わっても魔法大学でのキャンパスライフも見たい気はしますが、だらだら続かないで高校3年間できっちりまとめて欲しい気もします。このシリーズを継続して揃えるとなると、自宅の本棚のスペースが苦しいです。いよいよマンガは電子書籍で揃えることにして整理しようかなぁ。でも売却価格が駿河屋で見ると「デスノート」全12巻で100円とか、結構厳しい。ヤフオクの落札価格も厳しい。どうせ安いなら近所のブックオフでもいいような気がします。

追記:「デスノート」1~12巻をブックオフで買い取ってもらったら、1冊5円で合計60円でした。本の状態は帯付きの美品でした。やっぱり駿河屋にすれば良かった。ブックオフは値札シールを貼るし、帯も関係ないし本を粗末に扱うからあまり好きではないです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャドーボクシング

2017年01月10日 | Weblog
具体的な理由がないのに憂鬱の発作に襲われるのは冷静に考えると無駄なことだと思いますが、なかなかコントロール出来ないで、最近は美味しいものを食べて胡麻化したりしていましたが、太るだけで健康にも良くないので、最近録画をためていたアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」を見て、ディオ様の「無駄無駄無駄無駄」「貧弱貧弱貧弱貧弱」というセリフが印象に残っていたので、憂鬱な時は自分の中でこのセリフを呟いて活を入れようとしましたが、これも単調なので、昨日、リアルで不愉快なことが何件かあり怒っていたら、いつの間にか憂鬱な気分を忘れていたのにヒントを貰い、憂鬱な気分に飲み込まれそうになった時、生まれてから今までであった不愉快なことの数々を思い出すことで憂鬱に対抗するというアイデアを思いつきました。
そして早速今日やってみて、いろいろわざと思い出して怒り狂っていたのですが、
いつの間にかシャドーボクシングをしていて、気温は寒いのに汗をかいていました。
というのは嘘でただ、部屋を歩き回って拳を突き出しただけでした。
そこで、思ったのですが、怒りを思い出してシャドーボクシングをするというキャラはなかなか良いのではないかと思いました。ボクササイズというエクササイズもあるし、何かでシャドーボクシングが出来るように覚えたいなぁ。膝が悪いので足運びは無理だけど上半身で出来る範囲で怒るとシャドーボクシングをするというキャラになりたい(笑)。
怒り狂ってすっかり憂鬱を忘れることができました。そして、思い出した昔の不愉快な出来事の一つから短編小説を思いつきましたが、短編として書くのはもったいないので、計画している長編のエピソードの一つとしようかと思いました。

追記:運動にボクササイズが良いかな? と思ってDVDを検索してみたのですが、イマイチでした。それでパンチをするのに良い起き上がりこぼし(起き上がりこぶしと思っていたら小法師でこぼしだった)を検索してみると小さな人形ばかりがヒットしたのですが、私の欲しいのは空気を入れる大きいパンチングドールだということがわかりました。しかし、デザイン的にイマイチだし、部屋が散らかるかなとも思って少し考え中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加