トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

157トンのアンモニウム硝酸塩が南東部で押収された

2016年10月29日 | 国内
10月29日 ディヤルバクル県ハズロ地区の2か所のアジトで行われた手入れで、憲兵隊が157トンのアンモニウム硝酸塩を押収したと、トルコ軍が発表しました。

 Hurriyet

軍はまた、10月20日から6日にかけて、南東部ハッカリ、シュルナク、ディヤルバクルと、東部ビンギョル、バトマン、アールで作戦を行い、PKK(非合法組織クルド労働者党)戦闘員105人を殺害しました。

今回の作戦は、PKKが冬の準備に着手するのを阻止するために行われたと、軍は言っています。この作戦で、爆発物、ライフル銃、ロケット発射装置、地雷、アンモニウム硝酸塩、手づくり爆弾の原料などが押収されました。軍はまた、南東部マルディン県サヴル地区と、東部トゥンジェリ県オワジュク地区の手入れで、爆弾を積んだ2台の車両を破壊したと発表しました。PKKが所有するシェルター、倉庫、トンネルも破壊されました。

また、トルコ軍戦闘機が、10月27日午後5時5分から17分の間に、北イラク・ザプ県のPKKの拠点を空爆し、5つの拠点を破壊しました。トルコ軍戦闘機は空爆後、無事、基地に帰りました。


トルコは第93回建国記念日を祝った

10月29日、第93回トルコ共和国建国記念日を祝して、共和国建設者ムスタファ・ケマル・アタテュルクの霊廟アヌトゥカビルで式典が行われました。

 Hurriyet

式典には、エルドアン大統領を初め、イスマイル・カフラマン国会議長、ビナリ・ユルドゥルム首相、最大野党・共和人民党(CHP)のケマル・クルチュダルオール党首、愛国者運動党(MHP)のデヴレト・バフチェリ党首、フルシ・アカル参謀総長ら、多くの政府と軍の要人が出席しました。

エルドアン大統領は、アタテュルクの墓前に、赤と白のカーネーションでつくられた星と新月のリースを手向け、他の出席者とともに1分間の黙祷を捧げました。その後、トルコ国歌が演奏されました。エルドアン大統領は霊廟の記録帳に、7月15日の未遂クーデターに触れて、「7月15日の夜、わが国の独立と民主主義と合法的政府を標的にした内外の集団は、国民の勇気と抵抗によって、ふたたび敗北した」と書きました。

トルコは第93回共和国記念日を“大きな誇りと熱意”をもって祝ったと、大統領は言いました。1923年10月23日、ムスタファ・ケマル・アタテュルクはトルコ共和国設立宣言を行いました。その後、大国民会議で投票が行われ、全員一致で、ムスタファ・ケマルがトルコ共和国の初代大統領に選ばれました。それ以来、トルコは10月29日を「共和国の日」とし、毎年、祝賀式典を行ってきました。


ローマ時代の地熱温泉プールが2,3年内に公開される

中央アナトリア・ヨズガト県のサルカヤ地区にあるローマ時代の浴場「バシリカ温泉」が、発掘作業が終る2,3年後に、観光用に公開されます。この温泉プールは、地元では“王様の娘”と呼ばれているそうです。

 Hurriyet

サルカヤのオメル・アチュケル区長は、この浴場はローマ時代の芸術的、歴史的特徴を持っていると言っています。この土地は、ある企業が買収し、発掘作業を始めましたが、地中からローマ時代の円柱の底部や、25メートルプールが出てきました。

「プールの中には、ローマ時代から使われていた洗礼用の石がありました」と、アチュケル区長は言っています。「サルカヤのローマ浴場は、世界に2つしかない地熱温泉のひとつです。ローマ時代に造られた同じような浴場はあちこちにありますが、地熱温泉は2つだけです。このプールの温度は48~49度。現在も温泉が出ている古代浴場のひとつがあるのが、このサルカヤであり、もう一つはイギリスにあります」

2000年昔の癒しの施設
「ローマ人が建てた建物には、みな牡牛の像がありますが、この浴場には、舌を突き出したヘビの像があります。この浴場から、健康と衛生を司る女神の像と、AD140年のローマ皇帝のコイン1枚が発見されました。そのため、私たちは、これは世界最古の温泉治療センターと考えています。もっと古いものもあるかもしれませんが、今まで発見されたものでは、これが最古です」

「私たちは、ここは宗教センターでもあったと考えています。学者たちは、温泉の後ろに,教会の廃墟があったと言っています。十字を記した洗礼用の大きな石が、ここが宗教センターだったことを示しています。25メートルのプールの水は“掘り抜き井戸”から来ています。プールは水路を使わず、自然に満たされています」とアチュケル区長は言いました。

地元行政は、開発局の支援を受け、文化観光省とヨズガト区役所が準備したプロジェクトを促進し、歴史的プールを観光に公開する作業に真剣に取り組んでいます。


「ときどきダイアリー」ヘ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トルコ災害局はイラクのクル... | トップ | トルコ最大野党CHPの副議... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。