トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

エルドアン大統領がギリシャに、クーデター関与の軍人らの送還を依頼

2017年05月13日 | 国際
5月14日 エルドアン大統領は、北京で行われた中国政府主催の「一帯一路国際協力フォーラム」で、ギリシャのアレクシス・ツィプラス首相と会談しました。

 Hurriyet

会談はフォアシーズンズ・ホテルで行われ、1時間に及びました。エルドアン大統領はトルコの元軍人たちを送還しないというギリシャの判決に不満を述べました。元軍人たちは、2016年7月の未遂クーデター後、ギリシャに逃げ込み、亡命を申請していました。クーデターはフェトフラー・テロリスト組織(FETO)が首謀者だったと考えられています。

2016年7月15日、未遂クーデターから数時間後、3人の少佐、3人の大尉、2人の曹長ら8人の軍人が、軍のヘリでギリシャのアレクサンドロポリスへ逃げました。ヘリは翌日返されましたが、軍人たちはすぐに亡命を申請し、ギリシャにとどまりました。

ギリシャの最高裁判所は1月26日、トルコ政府の送還要請に応じない判決を下し、彼らを返せば、彼らは公正な裁判を受けられず、彼らの命は危機にさらされるだろうと言いました。トルコ政府は、その後、2度目の送還要請を送っています。会談中、エルドアン大統領は、クーデターに関わった人々がギリシャにとどまっているのは正当ではないと言い、問題の処理のために必要な手順を踏むよう要請しました。

エルドアン大統領とツィプラス首相は、この問題のほかに、エーゲ海の緊張緩和と問題解決のための対話の重要性を話し合いました。両リーダーはまた、キプロス問題解決のための努力をつづけることでも合意しました。


ハサンケイフの水没前に、550年昔の霊廟を移転

南西部バトマン県ハサンケイフにある、550年前の霊廟が、このエリアがウルス・ダムの建設で水没することになったため、移転させられたと、ドーアンニュースが報じています。

 Hurriyet

ゼイネル・ベイの霊廟はもとあった場所から「ハサンケイフ新文化公園」に運ばれました。巨大な霊廟はバトマン県ハサンケイフ地区のシンボルでした。霊廟の移転のために、アスファルトが敷かれ、レールが設置されて、霊廟は解体されることなく運ばれました。技師を含め50人が、移転のために働きました。

移転作業は5月12日午前7時45分に始まり、11時35分に終了しました。霊廟は2キロ離れた新しい場所に設置されましたが、すべての作業が終るまでには3日間かかると思われます。移転中は、警察と憲兵隊が警備に当たり、ドローンも空から警戒しました。憲兵隊は爆発物を見つけるために、探知機と特別に訓練された犬を使いました。

ヴェイセル・エロール森林・水事相は、「霊廟は金曜礼拝までに設置されるだろう。ヨーロッパはこのダムに反対しているが、われわれは8件の文化遺産を移転させている。これは世界のモデルになるだろう」と言っています。ダム建設はトルコ南東部の一部を水没させ、貴重な考古学的遺産を破壊するとして、長年、論議を呼んできました。

ゼイネル・ベイの霊廟は、ハサンケイフのアク・コユンル部族財団が残した唯一の遺産です。ゼイネル・ベイは、アク・コユンル族の統治者だったウズン・ハサンの息子でしたが、アク・コユンル族とオスマンが戦ったオトゥルクバシュの戦い(1473)で命を落としたと考えられています。


「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “アタテュルクを侮辱した”歴... | トップ | 「米大統領のシリアに対する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。