トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「今冬、イスタンブルでは閉業するホテルも出るだろう」ホテル協会

2016年12月06日 | 国内
12月7日 国内外のツーリストの減少がつづくため、イスタンブルのホテルは、この冬、閉業するところも出るだろうと、12月5日、「トルコ・ホテル協会」(TUROB)が声明文を出しました。

 Hurriyet

トルコのホテルはいま、ヨーロッパ中で最も稼働率が低い状態がつづき、観光都市イスタンブルとアンタリヤでも、ホテル稼働率は大きく落ち込んでいます。「残念ながら、イスタンブルの観光産業はきわめて悪い状況にあります。外国人客だけでなく、トルコ人客も大きく減少しています」と、TUROBのティムル・バユンドゥル会長は言いました。「この状況では、イスタンブルでは閉業せざるを得なくなるホテルも出てくると、私たちは見ています」

「トルコのイメージの改善を促進するキャンペーンを始めなければ、2017年、トルコの観光産業は消滅するかもしれません。稼働率が30%まで落ち込んだホテルもあり、ホテル業界で働く人は40%まで減少しました」と、バユンドゥル会長は言っています。

トルコのホテルの10月の稼働率は、2015年同月に比して、14%減少し、52.2%になりました。2014年10月は、トルコのホテルの稼働率は63.8%でした。今年の1月から10月の平均稼働率は50.4%で、ヨーロッパのホテルの稼働率と比べても最低です。トルコのホテル・ルームの収益も、今年の1月~10月、前年同期に比して41.9%減少しています。


ギリシャがクーデター関与トルコ軍人3人の送還を拒否

12月5日、ギリシャ裁判所は、7月15日のクーデターの翌日、ギリシャに逃げ込んだ8人のトルコ軍人の中の3人の送還に反対する判決を下したと、アナドル通信が報じました。

Hurriyet

ギリシャ裁判所は、3人の軍人は生命の危険にあるため、送還には応じないということです。後の5人の軍人の審問は12月6日に行われます。

トルコのフィクリ・ウシュク防衛相は、ギリシャ裁判所の判決に対して、ギリシャ政府が、未遂クーデターに関与したとして告発されているギュレン組織のメンバーたちの送還のために努力することを期待するとコメントしました。

軍人たちの弁護士スタヴルーラ・トマラさんは、ロイターの取材に対し、裁判所の判決は公正だと語りました。「私は判決に満足しています。彼らは送還されるべきではありません。裁判所は公正です」と、トマラ弁護士は言いました。

8人の軍人の送還に関する最初の審問は、11月28日に行われ、最初の3人はクーデターに関与したという告発を否定し、送還されたら生命の危険があると主張しました。2人の大佐を含む8人のトルコ軍人は、7月16日、ギリシャのアレクサンドロポリスにジェット機で逃げ込み、ギリシャ当局は不法入国として、法的・外交的手続きを取りました。

8人の軍人は亡命を申請し、トルコはクーデターに関与した容疑で、彼らの送還を要請しました。7月下旬、ギリシャの地方裁判所は、8人の軍人の不法入国に対し、執行猶予つきの2か月の禁固の判決を下しました。一方、ギリシャの政治亡命委員会は、8人の軍人のうちの7人の亡命申請を拒否し、1人の軍人のみ、再審になりました。

ギリシャ裁判所に亡命申請を拒否された軍人たちは控訴しました。控訴審議は2017日3月までに終るでしょう。


「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トルコが手配中の非合法組織... | トップ | ギリシャがクーデターに関与... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。