トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

クーデター1周年記念の集会に何千何万の人々が集まった

2017年07月16日 | 国内
7月16日 2016年7月15日のクーデター1周年を記念して、何千何万の人々が「7月15日殉教者橋」に集まりました。

 Hurriyet

ボスフォラス橋と呼ばれていた「7月15日殉教者橋」は、、昨年のクーデターのとき、クーデター共謀者たちによって封鎖され、34人が殺害されました。

Hurriyet

イスタンブルのヨーロッパ側のイエニカプから、大勢の人々がフェリーに乗り、アジア側のベイレルベイに到着し、橋の上で行われた「7月15日民主主義と国家統一の日」のイベントに参加しました。

Hurriyet

エルドアン大統領は、クスクルの住居へ向かう前に、ヘリコプターから橋の周辺を視察しました。大統領のアンカラからイスタンブルへのフライトには、F16ジェット機が警備のため伴走しました。

Hurriyet

未遂クーデターで殺された250人を記念して、集会場の周囲には250個のライトが灯されました。橋の周辺は厳重な警備対策がとられ、多くの人々は、ベイレルベイ、チェンゲルキョイ、アルトゥニザーデ、クスクルから行進を始めました。

橋への行進は正式には午後6時半に始まり、集会は8時に始まるはずでしたが、集会場は何時間も前から人々で溢れていました。

Hurriyet

縄を手にして、「われわれは死刑を望む」と叫んでいる人たちもいました。


NATO事務総長がクーデターに対し立ち上がったトルコ人を賞賛

NATOのイエンス・ストルテンベルグ事務総長が、2016年7月15日の未遂クーデターに対して“立ち上がった”トルコの人々を賞賛しました。クーデターは在米説教師フェトフラー・ギュレンの信奉者たちが組織したと、ひろく信じられています。

 Hurriyet
NATOのイエンス・ストルテンベルグ事務総長


「民主主義と法のルールは、NATO同盟国も同様に尊重している。トルコのクーデター1周年に際し、わが同盟国において民主主義を傷つける行為は受け入れられないという私の強いメッセージをくり返したい」と、ストルテンベルグ事務総長は、未遂クーデター1周年を記念するメッセージで言いました。

「クーデターの直後に、私はこれを強く非難し、われわれの貴重な同盟国であるトルコとNATOの連帯を表明した。私はまた、クーデターの後、アンカラを訪れ、クーデター共謀者の爆撃によって国会の建物がダメージを受けているのを見た。そのときのショックはいまも忘れられない」と事務総長は言いました。

「この機会に、私はふたたび、クーデターによって命を落とした人々の記憶に敬意を表し、選ばれた政府と民主制度を守るために、この憎むべき行為に対して立ち上がったトルコの人々に賛辞を贈りたい」と、ストルテンベルグ事務総長は付言しました。


   「ときどきダイアリー」ヘ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イスタンブルのアメリカ領事... | トップ | エルドアン大統領がクーデタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。