トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

クーデター後、ギリシャに逃げた他の4人の軍人も亡命拒否された

2016年10月12日 | 国際
10月13日 ギリシャの政治亡命委員会は、9月下旬に、3人の軍人の亡命申請を拒否しましたが、10月11日、さらに他の4人の亡命申請も拒否し、残った1人が再審待ちと言うことになりました。

 Hurriyet

クーデターの翌日、少佐2人、大尉4人、下士官2人の8人が、軍のヘリでギリシャのアレクサンドロポリスに逃げ込みました。8人はギリシャへの亡命を申請し、トルコ政府は、クーデタに関与した容疑で8人の送還を求めています。7月下旬、ギリシャの地方裁判所は、8人に不法入国容疑で2か月の禁固判決を下しました。

彼らは警備上の理由から、フェレス刑務所からカヴァラに移送され、その後、アテネ近くのキャンプに移されました。8人の軍人の亡命申請の最初の審問は8月19日に始まりました。最初に亡命拒否された3人は、インタビューで、トルコ送還から逃れるために、フランスか、スペインか、ベルギーへの亡命を求めていると語りました。


「トルコにはユルドゥルムとアルバイラクの2人の首相がいる」最大野党

「トルコには公式の首相と影の首相がいる。前者はビナリ・ユルドゥルム氏だが、後者はエネルギー相であり、エルドアン大統領の義理の息子ベラト・アルバイラク氏だ」と、最大野党党首が言いました。

 Hurriyet
このヒトがエネルギー相で、エルドアン大統領の婿です


「どちらがわが国の首相ですか?」と、共和人民党(CHP)のケマル・クルチュダルオール党首が、10月11日、同党の国会議員にスピーチし、「私は善意をもってビナリ・ユルドゥルム氏に要請したい。“自分の立場を明確にし、あなたの権威を他人に分け与えないで欲しい”」と言いました。

「エルドアン大統領がモスル問題について語り合うなら、相手は外相か首相でしょう。なぜ、他の人がこういう問題に介入するのか?エネルギー会議には首相は出ないでしょう」


現政権AKPの地方政治家の殺害を親クルドHDPが非難

親クルド政党HDP(人民民主党)の共同党首が、南東部アナトリアでつづくAKP(公正発展党)の地方政治家の殺害を非難しました。

 Hurriyet
親クルド政党HDPの2人の共同党首デミルタシュ氏(左)とユクセクダー氏


HDPの2人の指導者セラハッティン・デミルタシュ氏とフィゲン・ユクセクダー氏は、この暗殺には“正当な理由がない”と言いました。

「われわれは政治的暗殺を激しく非難する。AKPの政治家を標的にした政治的殺人犯の行動には正当な理由はない」と、10月11日、デミルタシュとユクセクダーの2人の共同党首は声明を発表しました。「政党の政治家であるからと、テロの標的にされる理由はない」とデミルタシュ共同党首は言っています。

南東部では、すでに3人のAKPの政治家がPKKによって殺害されています。10月10日には、ディヤルバクル県ディジュレで、AKPの支部長デルヤン・アクテルト氏が仕事場で射殺されました。10月9日には、東部ヴァン県のオザルプで、AKPの副支部長アイドゥン・ムシュトゥ氏が殺害されています。ムシュトゥ氏は、自宅の前で、乗っていたミニバスを襲われ、抵抗した後、射殺されました。

9月14日には、南東部ハッカリ県シェムディンリ地区でも、AKPの政治家が殺害されています。2015年11月1日の選挙では、AKPのハッカリの候補者だったアフメト・ブタク氏が殺されています。彼は犠牲祭の休暇に息子を訪ねて帰宅し、家の前で殺されました。


「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシアとトルコがガス・パイ... | トップ | トルコはシリア危機会議で3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。