トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

トルコ=シリア国境の700キロの壁がほぼ完成

2017年06月15日 | 国内
6月15日 テロリストの侵入を防ぐために、シリア国境に建設していた700キロの壁がほぼ完成したと、フィクリ・ウシュク防衛相が言い、同様の壁を、トルコの東のイランとの国境にも築くと付け加えました。

 Hurriyet

ウシュク防衛相は国会で、国境沿いの828キロの壁の大部分はできあがったと言いました。これはトルコ最長の壁になります。防衛相は、警備対策の一環として、“完全な防備システム”がトルコの国境に築かれたと語りました。“完全な警備”システムのために、国境沿いに、照明、センサー・システム、カメラが設置されると防衛相は言っています。「無人機の使用と国境監視によって、警備は強化されます」

「イラン国境でも、内務省が壁の建設を始めました。イラク国境の壁も考慮中です」とウシュク国防省は言っています。イラン国境は山地で、壁の建設には困難が伴いますが、シリア国境は大部分平地です。「物理的な国境警備システムはほぼできたので、次は道路、照明システム、ファイバーオプティック・センサー、カメラ、バルーン、無人機など総合的システムです」と防衛相は言い、まもなく、これらシステムの試験的稼働が実施されると付け加えました。

「試験的稼働がいつかは、まだわかりません。トルコは非合法組織クルド労働者党(PKK)とイスラム国(ISIL)の戦闘員の侵入を防ぐために、国境警備を強化する作業を始めています。

「テロリスト集団PKKは、壁の建設を遅らせるために、地雷を埋めています。そのために遅れは出ますが、われわれは最終段階に入っています。テロリストは自家製爆発物を埋めています。われわれは4000~5000個の爆発物を処理してきました」というウシュク国防相の話です。


イスタンブルのショッピング・フェスティバルがまもなく始まる

イスタンブルを魅力あるショッピング・センターにするために、7年前から始まった「イスタンブル・ショッピング・フェスト」(ISF)が、今年も7月1日から16日まで開催されます。

 Hurriyet

開催中はショッピング・モールとグランド・バザール近くにパビリオンが設置され、現代の商品から伝統的な商品まで,買物の楽しさを満喫できます。6月13日の記者会見では、イスタンブル通商会議所(ITO)のイブラヒム・チャーラル議長が、フェスティバルは2011年から開催され、世界的にも知られてきたと語りました。

このフェストはイスタンブルの多くの組織の協賛になり、今年のフェスティバルには、アートやデザイン活動の場も設けると、チャーラル議長は言っています。「ベスト・デザインを選ぶコンテストも催され、登録ブランド協会から賞も出ます。9つのショッピング・モールでイベントが行われ、イベントには内外のデザイナーやアーティスト200人が参加し、展覧会やワークショップ、トークのほか音楽やダンスのパフォーマンスもあります。

昨年は7月15日のクーデターのために、イベントの参加者はわずかでしたが、今年は参加者の数もぐんと増えることが期待されます。イスタンブルのカディル・トプバシュ市長は「フェストの売り上げは毎年増えています。2015年は48%増でしたが、今年はもっと増えるでしょう」と言っています。


   「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トルコ西部とギリシャの島で... | トップ | 裁判所がクーデター裁判で容... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。