トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

欧州重量あげ選手権で、初日にトルコが金メダル3個獲得

2017年04月04日 | 国際
4月3日 ヨーロッパ・ウエイトリフティング選手権初日の2日、トルコは金メダル3個を獲得しました。

 Sabah
2位のビュンヤミン・セゼル(左)、1位のフルシト・アタク(中央)。3位はロシアのフェリクス・カリベコフでした。


62キロ級で戦ったトルコのフルシト・アタク選手は、ジャークとトータル・カテゴリーで金メダル2個、スナッチで銅メダル1個を獲得しました。同じ62キロに出場したビュンヤミン・セゼルは、スナッチで金メダル1個、トータル・カテゴリーで銀メダルをゲットしました。

ヨーロッパ・ウエイトリフティング選手権は、4月2日~8日、クロアチアのスプリトで開催中です。


イスタンブルのミニバスとドルムシュにカメラが設置される

安全な輸送を確保し、車のルート、所在、スピードをフォローするために、イスタンブルのすべてのミニバスとドルムシュ(乗り合いタクシー)にカメラが設置されることになりました。

 Hurriyet

イスタンブル市は、公共輸送サービス局が進めているプロジェクトの一環として、車内に見えない場所がないように、カメラを設置します。地下鉄とバスにはすでに、安全のためにカメラが設置されています。イスタンブル市は、すべてのミニバスとドルムシュにも、記録装置と非常ボタンを設置し、24時間、当局の監視下に置こうとしています。

このカメラ・システムのために、特別のソフトが開発されました。このシステムによって、事故や緊急事態が起こった場合、当局はすぐに情報が得られます。なにかあれば、車のナンバー、最新のデータがセンターに送られた時間、車の走行時間、運転者に関する情報、車が最後に止まった駅などの情報が、当局に送られます。また、車が走っているルートを確認し、バス駅で止まっている時間も計算されます。

カメラはテロ攻撃など法的事件の捜査に役立ち、映像によって証拠や犯人に早くたどりつけるようになります。運転者たちはカメラを車に設置するために、公共輸送サービス局に予約をとる必要があります。すでに85台のミニバスと87台のドルムシュに、カメラが設置されました。当局は6460台のミニバスと572台のドルムシュに、28,128台のカメラを設置するのを目標にしています。


シリアの化学兵器虐殺に、世界が憤激


子どもを含む58人を殺したシリアのガス攻撃に、世界の国々も国際組織もショックを受け、国際的対策が求められています。シリア北西部の都市イドリブの町カーン・シェイクフンが化学兵器による攻撃を受け、何十人もの人々が、呼吸困難に陥ったり、血を吐いたり、口から泡をふいたり、失神するなどの症状を見せたと、「シリア人権監視団」は言っています。

 Hurriyet

何時間か後には、攻撃の犠牲者たちが治療を受けている病院が空爆を受けたと、アジャンス・フランス・プレスの通信員は言いました。この事件には、たちまち国際的な非難が起こり、フランスのジャン・マルク・アイロール外相は、この極悪非道な攻撃に関して、国連安全保障議会が緊急会議を開くよう要請しました。

ホワイトハウスは4月4日、シリア・イドリブの化学兵器攻撃に関して、バシャル・アルアサド大統領の政府を非難し、「この事件を文明社会は無視することはできない」と言いました。「バシャル・アルアサド体制によるこれら憎むべき行動は、最近の政府の弱体化の結果だ」と、ホワイトハウスのシーン・スパイサー報道官は言いました。
EUのフェデリカ・モゲリーニ外務・安全保障政策上級代表は、4月4日、この化学兵器攻撃の主要な責任はアサド大統領にあると言いました。「今日、恐ろしいニュースを聞いた」と彼女はブリュッセルのインタビューで言いました。「この事件は、シリアの多くの地域で、まだ厳しい状態がつづいていることを示すものだ」

Hurriyet

「イドリブの町の住宅地域への攻撃は、4月4日の朝早くあった。1機の戦闘機が有毒ガスをまいた」と人権監視団は言っています。死者の中には11人の子供がいます。負傷者は少なくとも160人。医療施設に運ばれてからなくなる人が多いそうです。

ガスの性質はまだ確認されていませんが、空爆は政府の戦闘機が行ったようです。ロシア軍は2015年9月以来、アサド政府を支援していますが、イドリブの空爆はしていないと言っています。

・・・トルコにに住むシリア難民たちは、どんな気持ちでこの事件を聞いたのでしょうか。


    「ときどきダイアリー」ヘ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国交が正常化して、ロシア人... | トップ | 「クーデター後、4万715... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事