トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

イスタンブルの自動車ショウに3日間で10万人が集まった

2017年04月24日 | 国内
4月25日 20日にオープンした「イスタンブル自動車ショウ」は、3日間で10万人以上の人々が集まりました。テーマは「未来をまぢかに見よう」です。

 Hurriyet

TUYAPと「自動車配給協会」(ODD)の協力で、2年に1度開かれているフェアは、4月30日までつづきます。

TUYAPの経営者イルハン・エルソズル氏は、フェアには120種のモデルが展示されたと言いました。「参加会社はわれわれのコンセプトに従って、モデルを送り込み、インパクトのある、自動車の最新テクノロジーを見せています。たった3日間で10万人以上が訪れました」と、エルソズル氏は言いました。

今年は参加しなかった有名ブランドもありましたが、展示会には19のブランドが参加しました。自動車は、トルコ最大の輸出部門で、トルコ経済で重要な役割を演じています。2017年の自動車の輸出目標は270億ドルだと関係者は言いました。トルコは世界の自動車貿易でより大きなシェアを得るだろうとiいうことです。

自動車は、昨年もトルコ最大の輸出品目で、239億ドルを輸出しました。2015年は213億ドルでした。


シリア移民たちがイスタンブルでレストラン経営を始めた

イスタンブルに暮らすシリア移民たちが、イスタンブルの食文化にさらに彩りを添えはじめました。ここ2,3年、シリア・レストランが市内に次々にオープンしています。

 Hurriyet
シリア・レストランのメッカは、イスタンブル・ファティフ区のアクシェムセッティン通りです。この通りの多くのレストランで、トルコとシリアの料理の“融合”を味わうことができます。シリア・レストランは最初、アクサライのヴァタン通り周辺に集まっていました。移民の多くはアレッポーから来た人々でした。最近はアクシェムセッティン通りにダマスカスからの移民が多く集まり、レストランを開きはじめました。

この通りでは、トルコ語にシリアのブランド名をプラスしたような名の店を見かけます。たとえば、「ザイトオウネオール菓子」(Zaitouneoglu Tatli)というお菓子屋があります。この店はもともとシリアで、1975年から「ザイトウネ」という名で営業していたそうです。オーナーのアブドゥルラフマン・ザイトウネさんは、いま支店を4店出していますが、「戦争が終ったら、シリアに帰りたい」とHurriyet紙に語りました。

「ザイトウネ」の隣りに、1週間前にオープンしたという「ブウゼジェディ」という店があります。この店はウエイターが伝統衣装を着て、ひよこ豆やそら豆の料理だけを出しています。「私たちはシリアに店を持っていましたが、いまは店があるかどうかもわかりません。イスタンブルに来て、出なおしました。伝統的なダマスカス料理をトルコの方々に紹介したいと思っています」と、オーナーのムハムメド・ヌルさんは言いました。

シリア系アメリカ人のジャーナリスト、ダリア・モルタダさん(29)は、シリアの豊かな味を紹介するのを目的とした「シリアを味わう」というプロジェクトを進めています。モルタダさんは2011年、シリアからイスタンブルに逃げてきましたが、いまは戦争で帰れないと言っていました。

「ここに来た頃は、アラブ式のパンがありませんでした。でも、2014年からシリア人たちがイスタンブルで手づくりしはじめました。シリア人たちが、もう家には帰れないことを受け入れはじめた結果でしょう」とモルタダさんはHurriyet紙に語りました。

彼女はまた、「場所が変われば、レシピも変わる」と言い、チキンが割安だから、シリア人たちはビーフのかわりにチキンを使っていると言いました。「ここに来た頃は、シリア・レストランには、フムスゆでたひよこ豆をペーストにして調味した料理)とか、ファラフェル(ひよこ豆やソラマメでつくる中東式コロッケ)とか、ケバブなど、ファーストフードだけしかありませんでしたが、いまはホームメードの料理も食べられます」と、モルタダさんは言いました。

「当店は毎月2回、メニューを変えています。シリアのパンとデザートの工場がイキテリとウムラニエにオープンしたので、材料はフレッシュです」と、「サルジャ」のマネジャー、モハムメド・エイドさんは言いました。

アラブ語のラベルのついたシリアの製品は「シャム市場」(ダマスカス市場〉と呼ばれるイスタンブルの店で買えました。シャム市場のオーナー、サミル・アブダブさんは、「以前はシリアから合法的に仕入れられましたが、国境ゲートが閉まってから、商品もストップしました。それで、イスタンブルに工場がオープンしたのです」とアブダブさんは言いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの“塩ふりシェフ”がフラン... | トップ | 「ガリポリの戦いを教訓とす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。