トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

建設ブームの結果、イスタンブルにハリネズミが増えた

2017年08月10日 | 国内
8月10日 イスタンブルの街路にハリネズミが見られるようになったのは、市内のあちこちで行われている建設工事が原因だと、専門家は言っています。

 Hurriyet

ハリネズミは建設作業による振動にとりわけ敏感で、イスタンブル市内で行われている建設作業に悩まされ、地下の穴から地上に出てきたのだそうです。

イスタンブル獣医会議所のムラト・アルスラン会頭は、「ハリネズミたちは、イスタンブルの最後の緑地を破壊している建設工事によって、地上に出てきたのです」と言っています。「ハリネズミたちは、建設工事の振動に脅かされ、新しい住みかを探し始めています。彼らは地殻の振動を感じています。地震も、ハリネズミの移動の原因になっているかもしれません。緑地が減って、彼らは絶滅の危機に直面しているのです」

獣医のタメル・ドドゥルカさんは、地下の配管が増えたために、ハリネズミたちが地下の穴から逃げ出したのかもしれないと言っています。「生きる場所を失った生物たちは、しばしば市街に現れます。彼らは食物や新しい住みかを探しているのでしょう。たとえばカワウソも、水源が枯渇したために、マルマラ海に現れたりしています」

世界野生生物基金(WWF)のメンバー、アフメト・エムレ・キュテュクチュさんは、ハリネズミは、人々が野良犬や野良猫のために街路に置くエサが気にいっているようだと言いました。「イスタンブルは大都市ですが、野生生物も住んでいます。野生生物を優先に考えて、建設工事を行うことは可能だと思います」


トルコのスプリンターが世界陸上で銀メダル

8月9日、ロンドンの世界陸上選手権で、トルコのヤスマニ・コッペロ・エスコバル選手が、男子400メートル・ハードルで、銀メダルを獲得し、今年のトルコ初のメダルとなりました。

 Hurriyet

エスコバル選手は48.49秒でフィニッシュ。金メダルは、48.35秒の、ノルウエーのカルステン・ワーホルム選手でした。銅メダルはアメリカのオリンピック・チャンピオン、ケロ・クレメント選手。

キューバ出身のエスコバル選手は、リオ・オリンピックで銅メダル、ヨーロッパ選手権では金メダルを獲得しています。8月4日に始まった世界陸上に、トルコは27人の選手を送っています。


ドローンで米機撃墜を計画していたロシア人IS戦闘員逮捕

8月10日、警察は、ロシア市民のイスラム国(IS)戦闘員を拘束しました。彼は、南部アダナ県インジルリク空軍基地をベースにする米軍機をドローンを使って撃墜し、また、アレヴィ協会を攻撃する計画でした。

 Hurriyet

対テロ警察は、IS戦闘員レナト・バキエフが、ISの手先として、インジルリク空軍基地とアレヴィ協会を攻撃するために、アダナ県周辺を偵察しているという情報を得て、作戦を行いました。警察はこの男を尾行し、彼が自転車で、市内の「1月5日広場」にあるアレヴィ協会周辺を偵察しているのを確認しました。

警察は、バキエフが、インジルリク空軍基地のアメリカ兵をターゲットにした攻撃を行うことを計画していると判断し、行動を起こしました。彼はアレヴィ協会近くで拘束されました。取り調べで、バキエフはISへの忠誠心を認め、アレヴィは“神の敵”だから殺すべきだと言いました。バキエフは、ISの手先として攻撃を行う予定で、米軍機をドローンで撃墜するために、基地周辺を偵察していたと、警察に自供しました。

IS戦闘員バキエフは警察本署での手続き後、裁判所に送られました。


「ときどきダイアリー」ヘ





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 納税チャンピオンたちはみな... | トップ | 行方不明の少年を探すために... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。