トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

抗議行進は犯罪行為と,法相がCHP党首を告発

2017年06月17日 | 国内
6月18日 共和人民党(CHP)議員の拘束に抗議する行進中に、CHPのケマル・クルチュダルオール党首が出した声明は犯罪に等しいと、ベキル・ボズダー法相が主張しました。

 Hurriyet
中央の白いシャツとキャップがクルチュダルオール党首


「CHPのクルチュダルオール党首の声明は、裁判官に対する批判の限界を超え、中傷と挑発を含む、由々しきものだ」と、6月16日、ボズダー法相は言いました。クルチュダルオールは、CHPのエニス・ベルベルオール議員の判決に抗議して、アンカラからイスタンブルへの行進を始めましたが、法相のコメントはこれを受けたものです。

「裁判所の判決は、人々が街頭に出て抗議したからといって、変わるものではない」と、ボズダー法相は言い、最大野党の党首が、“法の秩序に反する行為をなし”“犯罪を行っている”ことを非難しました。「裁判官をターゲットにし、侮辱し、脅かし、その影響力をねらって声明を出すことは、明らかに犯罪だ。司法上の手続きを進めている」と、法相は言いました。


「行進するなら、クーデター反対の行進をすべき」ユルドゥルム首相

ビナリ・ユルドゥルム首相が、6月16日、共和人民党(CHP)のケマル・ユルドゥルム党首は、行進するなら、クーデター反対の行進をするべきだと言いました。

 Hurriyet
中央ノーネクタイがユルドゥルム首相


「あの日(7月15日のクーデターの日)、街頭に出なかった人々が、いま、アンカラからイスタンブルへ行進している。行進したいなら、クーデター反対の行進をするべきだ。正義は街頭で求めるものではない」と、ユルドゥルム首相はディヤルバクルの集会で言いました。

CHP党首が同党議員の逮捕に抗議して、アンカラからイスタンブルへ25日間の旅を始めたとき、首相はクルチュダルオール党首に、“正義の行進”を止めるよう要請しました。CHP党首が25日の行進の2日目を歩いているとき、ユルドゥルム首相は「正義は街頭に出て求めるものではない。トルコは法治国家だ」と言いました。

クルチュダルオール党首はアンカラからイスタンブルのマルテペ刑務所までの426キロを行進する予定です。マルテペ刑務所にはCHPのエニス・ベルベルオール議員が投獄されています。

「こんな暑いとき、歩く必要などない。マルテペには高速列車で行ける。彼は自分で自分を苦しめている」と、ユルドゥルム首相は最大野党の党首を嘲笑し、クルチュダルオール党首は司法の秩序に反する行為をしていると言いました。「私はこの問題を断念するよう、彼に勧告する」と首相は言い、彼は最大野党の党首として、裁判所の判決を尊重するべきだと、付け加えました。

クルチュダルオール党首は、首相の発言に応えて、街頭は民主的プロセスの場だと言いました。「7月15日、大衆は街頭に出て正義を求めた。われわれの行進は首相を脅してはいない。トルコに正義が存在すれば、われわれは行進などしない」


「ときどきダイアリー」ヘ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 諸政党が最大野党CHPの議... | トップ | 「トルコは5000トンの食... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。