sachiclinic's blog

すこやかな毎日を迎える日のために

風邪で、ステロイドを点滴!?

2017-03-07 22:33:24 | アトピー性皮膚炎
さちです。

16歳の高校生のかたが、アトピーで通院されていました。
昨年の2月から経過良好で、治療の必要なく、元気な1年すごしておられました。

この冬、風邪をひいて、咳が続いておられました。
夜寝にくく、体調も低下気味になっていました。
そこで、風邪と咳で耳鼻科受診、
「のどがはれている。
アトピーはアレルギーだから、抗アレルギー剤をのまないといけない。
点滴に、ステロイドをいれる」


プレドニン30ミリの点滴をうけました。
吸入には、デカドロン2ミリがはいっています。

!!!!!

風邪で、ステロイドを点滴するなんて、ありえません。
風邪はウイルス感染症です、ステロイドは免疫を抑制しますから、ウイルスが増殖していけば、重症の感冒になっていまします。

お母さんは、ステロイドと聞いてとても心配されたのですが、断りきれなかったそうです。
本当にお気の毒です。

数日後、顔の症状から滲出液がはじまりました。
身体は元気です。

プレドニン30ミリって、
なんというか、
重症薬疹のときに、やむなく使おうかみたいな感じの投与量です。

耳鼻科は、吸入に(断りなく)ステロイドをいれておられることが多いです。
点滴は稀です。
まず、しません。

1回切りのようですし、かぜや咳が悪化していないようなので
まだ幸いと考えるしか、ありません。

風邪って、いわれたら、何にも薬はいりません。
家で、暖かくして寝て過ごすのが一番です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胸が痛むお話 | トップ | 睡眠不足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。