sachiclinic's blog

すこやかな毎日を迎える日のために

僕の膝が笑った

2017-04-20 11:01:55 | 日記
HIROです。

2017年4月16日(日)、
みんなで弥山に登ってきました。

前日の土曜は急な雷雨、
翌日の月曜は土砂災害の警報が出る大雨。

真ん中の当日の日曜は、半袖で汗ばむほどの好天に恵まれ、やっぱり雨女のさち先生と私に対抗する強力な晴女か晴男がいると思いました。

誰じゃろうか。

登りはいつもの紅葉谷コースでいきましたが、メンバーも健脚揃い(?)と思われたので、思いきって駒ヶ林まで登って昼食、大元コースで下りました。

ウグイスがあちこちで発生練習をしていて、桜の花弁がヒラヒラと風に舞い、木々の葉の緑色の隙間からあたたかい日差しが地面に届く、そんな素敵な風景の中をみんなで歩いて進みました。

駒ヶ林は大きな大きな岩が山頂にあるてっぺん。

岩の上で一列になって食べたお弁当は達成感の味。

食後に岩の上で横になれば青空岩盤浴。

眠くなって、気持ちよくなり、うつらうつら。

気がつくと、このまま帰りたくない、と言う人が続出する大惨事。

「眠ったらダメだ~‼」とみんなを叩き起こして、下山。

これまでも何回か訪れていますが、大聖院コースで鋪装された一番楽な階段の道を下ることが多く、大元コースはみんなははじめて。

割りと山道クラスな道なので、少しだけ険しくて道のりも長い。
山の中を歩いてる感じが素敵な道。

時折、滑って尻もちをつくメンバーがいる中、私の前を歩いていた最年少のM君が、突然、内村航平選手みたいに三回転の大回転。

「あ」

泣き出すと思いきや、
幸運のリュックに背中を守られ起き上がったM君は「大丈夫、大丈夫」と小さく言う。

右のこめかみあたりに手をあてながら、前を見て歩き続ける。

「手当てが必要ですか?」

「必要ありません」

ほほう。
強くなったね。

少し歩いてみんなで休憩。
すると、M君の膝がぶんぶん震えていて、
「わあ、膝が笑ってる‼」
と本人大興奮。

「みてみて~ほら、膝が笑ってるでしょ~」
とみんなに見せてまわってる。

面白い。
昔の人はウマイこと言うよね、とみんなで話す。

たぶん明日も明後日も当分の間、全員筋肉痛です。

帰りに古民家のカフェに入ると今度はカエルの鳴き声。

そろそろ田んぼは代かきの時期だなあ。

アトピーの人、アトピーの子の親、
なんとなくいつも他人の目を気にして生きていて(私がそう)
人に良く見てもらうことばかり考えてしまうんだけど

山は、そんな私たちを包み込んでくれて、自分の足で自分を支えて歩くってこと、そんな一番大切なことをそっと教えてくれる。

人生いいことばかりじゃない、でもいつだって自分に正直に、嘘で飾らずありのままの姿で歩けばいい。

そうすればちゃんと前に進むんだもの。

人からどう見られるか、じゃなくて
自分がどう生きるか。

弥山にまたみんなで行きたいです。
楽しかった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞記事への応援をお願いし... | トップ | サロンド・アト 4月22日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。