sachiclinic's blog

すこやかな毎日を迎える日のために

62口径76mm単装速射砲

2016-12-24 18:47:02 | 日記

HIRO です。

平成28年11月20日(日)
走ろう会HIRO in 呉

クリニックのみんなで
広島県呉市を目指し「ミニトリッブ」。

今回は初めてのツアー風の走ろう会。
テーマは「見学」とした。

広島県呉市をご存知ですか。

戦艦大和を造った町。
戦前は海軍の町,軍港として栄えた。

現在,話題のアニメ映画「この世界の片隅に」を観られ
広島や呉のことを初めて知った方もいるかもしれない。

原爆投下の約一カ月前,昭和20年7月1日,2日,
呉市は大空襲で町を焼かれ,
7月24日から29日にかけては軍港が大空襲をうけた。

多くの一般人と乗組員たちが命を落とし,
戦艦,母艦,巡洋艦等,多くが大破し着底,町は壊滅状態となり
遂に軍港としての機能を失った。

そして米軍は8月6日に広島へ原爆投下。
8月15日に終戦へと歴史はつながる。

今回この町へのプチ旅行に集まったのは
2歳から67歳まで幅広いメンバー。
巡った場所は3箇所。

○呉市のホテル「クレイトンベイ」
 ここで,ランチバイキングを堪能。

○潜水艦「あきしお」現物展示の「てつのくじら館」見学
海上自衛隊の,お仕事を学びました。

○海上自衛隊 艦艇見学

メインは,最後の海上自衛隊の本物の艦艇に乗船しての艦艇見学。
クリニックの患者さんYさんと現地で合流。
Yさんは海上自衛隊の職員で,私たちにたくさんの貴重な説明をしてくださった。
本当に素晴らしい解説だった。

私たちは,練習艦「しまゆき」の甲板にあがった。
艦艇内部には入れないけれど,甲板上はぐるりと一周できる。

ひらけたデッキ上に出た途端
いきなり目に飛び込んできた光景に,うう,と唸ってしまった。

映画でしか見たことのない大きな発射装置。

=「76mm62口径単装速射砲」=
=近接する航空機やミサイル及び艦船を攻撃する砲です=

パンフレットにも,実物の下にも,そう説明があった。
まるで台所用品の説明みたいに簡単な文章と写真。

手で触る。
この冷たい灰色の鉄の管から
何かの理由で弾が放たれるのだとわかる。

そのほかにも,5つの武器があった。
潜水艦攻撃用の魚雷やロケット,
難しいカタカナの名前のついた発射装置や機関砲。

間近で「武器」を見て心はざわつく。

アニメじゃない。
映画でもない。

この武器は
いつ,どこで,どのようなときに,使われるのだろう。

だれかの命令で
だれかがスイッチを押すと
だれかに向かってミサイルが飛んで
だれかにあたって
だれかがけがをして
だれかが死ぬ。

見学者が通るたびに
教えられたとおりに
指先までぴりりと伸びた敬礼をする若い隊員。
年の頃は20歳前後,高校生か大学生くらいに見えた。

19歳のわが息子とかぶって泣きそうになる。

さち先生運転の,帰りの車の中でNさんが呟いた。

「さちクリニックって,他の病院とちがいますよね,
ふつうなら診察して薬もらっておしまいだけど
ここはそうじゃなくて
病院をはなれて,みんなでこうやって一緒にどこかに出かけて
しゃべったり考えたり,交流があって楽しい。」

そうだねえ。

アトピーとか,ステロイド離脱って
たぶん,わたしたち人間が忘れてしまった
本当に大切なことは何か,ってこと
教えてくれているんじゃないかなあ,と思うようになった。


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療機関で怒られた | トップ | 良くなったよメール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。