ラベンダー日記

小さな幸せ

向島百花園

2016年10月12日 15時12分53秒 | 日記

 暑さも大分しのぎやすくなってきたので、運動がてら庭園散策でもしようと、向島百花園に出かけました。ところが当日は真夏日に逆戻りし、大変な暑さになりました。

この時期は、まだ花らしい花はあまり咲いていませんでしたが、それでも入園者は思いの他多く、ガイドつきのグループ、夫婦連れ、カメラや三脚を手にした男性達、そして一番多かったのが私達と同じオバサンの二人連れでした。大汗をかき、蚊に食われながらの園内散策になりました。小さいながらも野趣あふれる山野草が主の庭園です。

ひょうたん。

へちま。

うめもどき。カリカリ梅にそっくりでした。

ききょう。

わびすけ。「わび」「さび」の象徴とされている椿で、茶花の代表的なものだそうです。まだ固い蕾でした。

はまぎく。

おいらんそう。

ひとりしずか(一人静)。どんな花が咲くのでしょうか、名前に心ひかれます。 花言葉は「静謐(せいひつ)」「隠された美」。ふたりしずか(二人静)、という花もあるそうです。花言葉は「いつまでも一緒」。

じんじゃー。

きんもくせい。周辺は良い香りでいっぱいでした。

萩。

萩のトンネル。行くのが少し遅かったようで、花の見ごろは過ぎていました。

萩祭りの期間中なので、来園者が詠んだ萩を題材にした俳句・和歌が展示されていました。

園内からみた東京スカイツリー。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アート・アクアリウム ~江... | トップ | 小さな命 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。