趣味の日記

観劇・歴史・小説・漫画などなど、思いつくままの語り日記

2週連続

2017-09-17 23:49:28 | 観劇
先週の日曜は、トークイベント。
今日は、お食事付きトーク&ライブ。
彩輝さんに、2週続けて会ってきました。

先週は、同期のジュリさん、グンちゃんと一緒。しかも、会場の池田マグノリアホールには、同じく同期のキンさんもいらっしゃる。
4人で同期会のノリで、まぁ面白トークで爆笑の連続。ここだけの話、が多すぎて、とても公には書けません(爆)。
出来るだけ全員に縁のある作品から、という選曲で、初舞台の「ベルばら」フィナーレのシャンソンメドレー、グンちゃんは出てなかったけど「ウエストサイド」から五重唱。そして「エリザベート」。
個々ではジュリさんの「ファントム」、グンちゃんの「愛燃える」、サエコさんの「飛鳥夕映え」。特に「夕映えの飛鳥」を影コーラス付き(豪華な影コーラスです)フルバージョンというのは、当時以来では?
それに、「ウエストサイド」なんて、しかも何でまたその一番難しいナンバーを?(笑)
みんなで個々のソロ付き…という選曲だったかもしれませんが、いや~…良かった。
普段、「ウエストサイド」は著作権もあってなかなか聴けないですし、サエコさんのベルナルドなんて、映像も残ってないしまさに当時以来の懐かしいナンバー。
曲が始まると、一瞬で当時のままのベルナルドの表情になったサエコさん。懐かしくて嬉しかった…。
「エリザベート」にしても、サエトートにジュリルドルフの組合せで「闇が広がる」とは、貴重なものを観れました。

今日は、タータンさんとご一緒のトーク&ライブ。
なんというか…意外な組合せ(苦笑)だっただけに、どんな感じになるのかと思ってましたが、いや~テンション高っ(笑)。
結婚観(爆)のぶっちゃけトークや、現役時代の思い出話など、たっぷりしゃべってくださり、曲のほうは、宝塚時代のものから。
「ベルばら」は、サエコさんがオスカルのナンバーを。タータンさんがアンドレとフェルゼンのナンバーを。
…久しぶりに、改めて聴いて、私はもうすっかり、アンドレはともみんで上書きされてしまったんだな~と、しんみり…。サエコさんもアンドレをやりましたし、当時からオスカルよりアンドレのほうのサエコさんが良かったと思ってましたが、それもすっかり過去なんだなぁと。ともみんのアンドレを超えるアンドレは、現れないだろうなぁ…。
逆に、トートについては、サエコさんトートに上書きできるほどのトートは、現れそうにないですね。
今日も、「闇が広がる」をタータンさんルドルフと一緒に歌われましたが、ジュリさん以上に貴重なものでしょうね。
あとは、サエコさんは「ル・ポワゾン」「夕映えの飛鳥」。
タータンさんは、「朝日の昇る前に」「忍ぶの乱れ」。
最後に二人で、これはポップスで「栄光の架橋」。…いや、だからそんな、難しいハモり曲を選ばなくても(苦笑)。ちょっとハラハラしましたが(爆)、まぁなんとか。

現在、判明しているサエコさんの年内のお仕事は、今日で終わり。
…さて、次はいつサエコさんに会えるのやら、発表があるのを首を長くして待つしかなさそうです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つば九郎 | トップ | シーズン最後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

観劇」カテゴリの最新記事