さっちゃん 空を飛ぶ

認知症の妻との楽しい日常を日記として書き留めたいと思います

さっちゃんには責任はないと思うんですけど・・・・

2017-08-10 23:07:33 | トイレ
下関に到着し、駅前のデパートのようなビル1階でトイレを使いました。
僕が先に出て待っていると、だいぶん経ってから、さっちゃんが困ったような顔をして出て来ます。
話を聞いてみると、どうやら使用後に水を流さずにそのままにして出て来たようなんですね。
水の流し方が分からなかったようです。

このこと自体はさほど驚くようなことではありません。
あっても当然のこと。
でも、そんなことになってしまったことを、さっちゃんがものすごく申し訳ないこととして、恥じている。
それが新鮮に感じられましたね。

それにしても日本のトイレの水の流し方ひとつとっても、あまりにもたくさんタイプがあり過ぎです。
ひねったり、押したり、手をかざしたり。
中には、日本語で説明はしてくれているのですが、外国人には分からないよなぁ、というトイレもあります。

僕も反省させられました。
と言うのも、
これまで、使用後の水流しをせずにそのままなのに遭遇すると、
ただただ、腹立たしく思うだけだったからです。
さっちゃんのようなケース、あるいはもっと他の理由のあるケースもあったかもしれないのですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 列車で移動だけの日は嫌いな... | トップ | 下関のホテル、朝の事件? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トイレ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。