gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初のサポート

2016年10月31日 | 日記
10月30日は初のヨットレースの運営委員として、ヨットレースに参加・お手伝いをしてきました。

夏前からヨット教室を利用し始めて、夏場は暑い以外は全く問題はなかったのですが、季節の変化でそろそろ冬支度をと考えはしていたものの

実際の寒さを体験していなかったので、日常の秋支度レベルで参加することになりました。

やはり山も含めて海もなめてはいけませんね。昨日は気温が朝から天候の影響で上がらずハーバーでも肌寒い状況でしたが、

海上は陸とは比較できないほど寒さがこたえました。まあ、真冬ではないので凍えるまではいかないものの、寒さから体が震える

レベルの寒さでした。

9:50ごろに出廷し、予定では5レースするところでしたが変更となり4レースとなりました。

初めての参加で業務がほとんど分からない状況でしたが、レース運営で合計3艇配置で、①本部艇(スタート位置) ②サポート艇(運営上のサポート・レスキュー等) ③マーク艇(コース上目標マーク付近で待機)とこんな感じで配置されています。

もともとヨットレースはコース設定が風向きにあわせて設定することになっております。でうすので風向きによっては南北コースや翌日に風向きが変われば東西コースと全く違うコースとなります。通常①と③は、レース中常に風向き・風速をチェック(3~5分毎に)

しながらコース設定・変更の判断をします。風向きが変わればマークの位置を換えてレースをするという流れです。

出廷後はレースが終了するまで陸には上がらないため、昼食やおトイレも船上行うことになります。

まあ、食事は簡単に食べれるおにぎりみたいな物(船がゴムボートで揺れまくるので)でいいのですが、トイレは大海原に向かって

するしかありません。慣れていないと揺れから中々出てこないので、用をたすのも一苦労です。私は昨日は14:30過ぎに終了し帰着するまで、

我慢し続けて何とか耐え切ることができました。寒さの影響も大きくあるので、なおさら冬支度の大切さを痛感しました。

さあ、今週の平日に冬の買い物をしに行こうと思います…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日から学校公開 | トップ | 思った以上に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。