Sabotenboy's *sigh*
今年こそ本業を変えたいなぁ...^^;




ではさっくり行きます

(1) 初めての分解でしんどいのは両面テープで固定されている上下の白いプラスチック外し
     電池のおまけについてきた精密ドライバマイナスの先が「すっと」入りあとはなんとなく
     思い切りが大切(^^;)です
     因みに爪の無い上蓋から

     なんと下は爪を意識したせいか、金具ごと取れました(!)

     で上蓋のネジ(+)を外します

(2) クリックホイールのコネクタをマイナスドライバで外し...

(3) 中身を下から押し出します、ゆっくり...

(4) 脱皮状態

(5) 組み立て時のメモ代わりに撮影


電池周りの納まりを...

(6) 電池(下:純正、上:交換用)の厚み比較、交換電池は少し厚め
写真では比較している面が違うから長さはあまり問題無い(後述)

それに純正はぴったり収めるためにクッション材を貼ってあるので(放熱用?)、ケースに入れるのは大丈夫そう^^;

(7) 電池を外しいよいよマイクロドライブ取り外し

ハードディスクなので、振動対策に緩衝材がついている、
コンパクトフラッシュには無用だが納まりの為に移植する

基板からコネクタを外したところ、
この手のコネクタはFMT2014で貰ったIntelのEdisonにもついていて、耐久性は数十回程度
なので慎重に^^;

分解出来上がり

(8) マイクロドライブから基板接続用のコネクタを外し、メモカに移植


緩衝材とシールも移植

そして組立、

(9) 外したマイクロドライブはなんとかフォーマットして再利用を目論む...

(10) 問題の電池、横幅がいまいち大きい、特に写真右上で基板が出っ張っている辺り

仕方ないのでまずはコネクタをつなぎ、続いてひねる感じで収める(無理矢理^^;)

(11) あまり分解したくないので表側の記念写真

(12) 組立直後は液晶にフォルダのアイコンが出て、iTunesにつないで復元で元通り...
のはずが、Windows 7では駄目でした
MacBookで復元したところあっさりOK

Macが無かったらと思うと...^^;
WindowsでexFATでフォーマット出来ていても、Win版のiTunesで復元すると駄目です
MacでexFATで復元したら行けるのか...?
Macからしか更新できないのも何なので、後でMacでexFATフォーマットを試してみます...

あとはプラの蓋を両面テープで貼る必要はありますが、まずは改造完了^^
64GBです!(改造前は6GBだったから10+倍の容量アップ)



 

 

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« Saturday morn... 次のテーマはQ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Sabotenboy)
2015-01-25 23:59:09
どうにもMacでないと期待通りに動きません^^;
MacBookのiTunesと同期させることにします

なにはともあれ、稼働しないiPod miniよりMacフォーマットでも電池容量増加+64GB化ということで
CFの相性だったのかなぁ、Windows...
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。