Sabotenboy's *sigh*
今年は本業を変えたいなぁ...^^;




タイから送られてきたPIC16F1509とは別に、USからFedexで届いた
一括注文なので送料無料キャンペーン中(ボードは30%オフ^^)
(なのでMicrochipDIRECTから買うならこのボードを混ぜておくと送料分でこのボードがついてくる感じ^^)

 

パッケージングがかわいく出来てる感じ、ちっちゃいけど
回路図も同梱

 

ピンレイアウトもこんな感じでカラー印刷、ナイス

...でオンラインのIDEでサンプルをコンパイルして書き込んだりした感想は、

- mbedの様にコンパイルしたらダウンロード、その後D&Dでマスストーレージ的に認識されてるボードに書き込む
  というかそれしか書き込み方法がない、似非PICKIT3もつなげようがない
  テストポイントの様になっている箇所にピンを植えればいけるかもしれないが
 

- もう一つのオンラインコンパイラ対応ボード Curiosityの方は直接書き込みやらdebugが出来るみたい
  USBとオンラインなIDEを接続するJavaなモジュールを起動させる必要はありますが

- XC8コンパイラは無料版と同じ(?)

- コードを一行も書かなくてもLEDの点滅が出来るというサンプルが複数あった^^;

microBUSという仕様でCLICKという拡張基板が使えるが、買うより作る感じかな

MPLAB X IDE(オフライン)も久し振りに更新したが、オンラインIDEはオフラインのと同じ感じに使える
コードコンフィギュレータで手持ちのPIC12F675を使おうとしたら「対応していない」と怒られた^^;
MicroChipのPICは廃盤がないとのことだが、品種が増えすぎてこういう事になっている...

ペリフェラルが色々ついてたりするがボード上のターゲットは8bitなPIC16F18855

AliExpressとかから送料なしでMapleMini互換基板(STM32F103RCBT6 ARM Cortex-M3、Arduino IDEが使える)が
USD4.00程度で買えるので、積極的に使いたい場面は想像しにくいカモ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Phil Collins ... トラ技11月の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。