錆鉄人と天女の感動人生

天然なので天女と名付けた妻と、登山や温泉旅行、ガーデニング・Doit等を楽しんでいます。
HPは「錆鉄人の感動人生」

床張りも大詰め

2017-05-19 07:20:40 | DIY
5日だったか6日だったか・・・
ボコボコの床をまくったからには
もうやるっきゃないという事で始めた玄関先の板の間のリフォーム

田圃と畑の作業や時にはサルと応戦をしながらも、ようやく大詰めを迎えようとしています。

この板の間の床の張り替えですが、
今までのフローリングはとっくに「限界」を超えていたのですが、
幅30cm長さ4mが1枚物の超高級品で、探しても見当たらないので我慢を重ねていたのでした。
(決して超高級品のフローリングを買うお金がなかったからではないという事をご理解下さい)

しかも、床を張った時はもっと広い板の間だったのですが、
後になって横に部屋を作ったり洗面所を作ったので
フローリングの上に敷居が乗っていてその敷居が1ヶ所しか外せなかったので、
階段の部分を含めフローリングに根気よくカッターで切り込みを入れて切り離すという気の遠くなるような作業が必要でした。

そして床板をまくると・・・
ずっと前に出没したシロアリで根太やその下の材木がボコボコ
しかしながらそこは築138年の実力、巨大な材木の表面はボコボコでも普通の住宅の何倍もの強度を保っています。
そのボコボコの部分をはぎとり、シロアリ防除剤を2回も散布し
ボコボコ部分を取った分だけ根太との隙間が出来た部分に材木を入れて保持し
さらには使用不能な根太を交換するだけではなく、
根太(相当の広幅の材木)の感覚が広すぎる部分に根太を追加し
(根太の下の材木は角材ではないので削って高さ調整の材木を入れて根太を固定しました。)
さらには、使うフローリングは1818mmの標準的な材料なので、
継ぎ目が重ならないように909mmピッチでフローリングをずらす必要があるのですが
その部分にも根太を入れてやっと下回りが完成。

しかしながら、いざフローリングを張り始めると
この根太を調整する時に隣接する根太の間の水平しかみなかった為に
(今まで張ってあったので全体的には水平になっていると思って確認しなかったのでした)
フローリングの長さではかなりの高低差があるので調整板をかましながら張り付けるというまたまた気の遠くなるような作業の繰り返し・・・

という事で、ようやくここまで漕ぎ付けました。



色合わせもしたのですが、高級フローリングなので1枚ごとの色味が大きく違っていたのでこれ位が精一杯でした。
まっ、これも「味」という事で・・・

張り替える前



ボコボコは写らないし、ハゲもそれ程目立ちませんが・・・

さて、今日も頑張って明日は完成祝いぜよ!
(例によってバーベキューですが・・・)
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行者ニンニクが遂に開花 | トップ | カボチャ軍団 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。