錆鉄人と天女の感動人生

天然○○なので天女と名付けた妻と、登山や温泉旅行とガーデニング等を楽しんでいます。
HPは「錆鉄人の感動人生」

新型ステップワゴンで無給油1000km走行達成(確実)

2016-10-12 08:57:10 | 新型ステップワゴンRP1
昨日の23時40分頃に吸収から帰って来ました。
昨日は宿泊した「わいた山荘」をチェックアウト後、
九重ICに乗る前に給油してから高速に乗るつもりでしたが、
途中に給油所がなかったので、
湯布院まで走っていく途中で給油しようと思って国道を湯布院に向かって走行。

途中に1か所だけスタンドがあったのですが、値段表示がなかったのでスルー。
しかしながら湯布院ICまで他にはなく、
しかたがないので湯布院市街まで走行し
一番最初にあったエネオスのスタンドがあったのですが、値段を聞くと129円!

しかしながら、湯布院迄下道を走って来たので時間もかなり無駄にした上、
他の所も似たような値段ではないかと「諦めて」満タン給油してもらい
(セルフではありませんでした)
湯布院ICまで引き返して(錆鉄人の嫌いな行為ですがしかたがありません)高速に乗り
日出JCから北上するルートで関門橋から中国道・山陽道と走り、
九州復興応援パスの定めに従い舞鶴道の春日ICで高速を下り、
(中国吹田で下りて、そのまま乗り直して京都東まで走れるのならそうして湖西を走って帰宅したのですが
 中国吹田では下りられないし、その手前の中国豊中で下りて中国吹田まで渋滞を走るのが嫌だったからです)
山越えで大飯町に出て国道27号線、8号線と走って帰宅しました。
(山越えは最初からの計画でしたが、遅くなったので高速に乗り直そうかと考えていたら
 若狭道の小浜~敦賀間が工事通行止めだった為に高速料金がセーブ出来ました。)

ルートの説明が長くなりましたが・・・
湯布院のスタンドから湯布院IC、さらには由布岳の横までは上り一辺倒で
燃費表示は10kmを下回っていたのですが、
そこからは驚異の燃費データーをたたき出し始めました。
この九州の東側を北上する高速は対面通行がほとんどで、
遅い車がいると時速75kmとぃどの事もあり、流れが良くても時速90km位という条件と
宇佐辺りまでは下りが続いたからでもありますが、
一時的にはリッター24kmを越えるというハイブリッドも青ざめる高燃費を記録。


(この後、さらに燃費が伸びたのですが写真はありません)

80km走行時でもリッター23km台!



115km走行時点でもリッター22.7km


燃料計は250㎞走行した時点でも20本点灯したままでした!
走行しながら天女に撮影してもらったのですが、車の振動でブレてうまく写っていませんでした。
直後にSAに入ったので天女が撮ってくれたのですが、止まっているのに一緒に写っていません、



SAに入る直前に1目盛り下がってしまいました。

(上のトリップ撮影と同じ時に撮影したものです)

・・・

その後も長い長い走行でしたが、
燃費よりも早く帰ろうという意識がまさり走行速度が上がった為に燃費は20km近くまで下がり、結局そのまま帰宅、
今朝の撮影です。



854.2km走行して燃料が5目盛り残っています。
少な目にみても13~14リットルは残っているはずで、
無給油で1100kmは走行可能ではないかと思われます。

車のレンジ表示も1000km越を示しています。(1035km)



錆鉄人のRP-1場合、満タン給油時のレンジは800km台の事が多いのですが
最近は900kmに乗っていました。
どういう計算に基づいた表示なのか興味があるのですが・・・
知っている人は教えて下さい。

という事なので・・・
いつもは横浜に出掛ける前に給油するのですが、
無給油のまま走行して1000km越えを「実証」してから、
SAで「高い価格のガソリン」を入れる事にしようかとも思っているのですが・・・


尚、普通はリッター18km位の表示でも130~150km位走行すると燃料計の目盛りが1つ減るので
目盛りが減るまで7~8リッター位あるのだと思っていたのですが
250kmまで減らなかった理由が分かりません。
表示通りの燃費だとしても、11.6リッター以上消費しているはずですから。

いずれにしても、
新型ステップワゴン(RP-1)の燃費性能に大満足の錆鉄人であります。


『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新型フリードとの比較 | トップ | 霧島温泉郷 岩風呂・川の湯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。