錆鉄人と天女の感動人生

天然なので天女と名付けた妻と、登山や温泉旅行、ガーデニング・Doit等を楽しんでいます。
HPは「錆鉄人の感動人生」

金無しは偽りの仮面かも?超豪華な昼食

2016-11-26 07:28:18 | 旅行
金無し錆鉄人なのに・・・
21日は皆生温泉長楽園、
22日ははわい温泉望湖楼と、
温泉地で一番の温泉旅館(宿泊料も一番)に泊まり、
帰宅後は当分の間草と葉っぱの生活を続けなくては・・・と思っていたのですが、
23日望湖楼をチェックアウトした後は三朝温泉で「たまわりの湯」に入浴
(温泉旅館の日帰り入浴は11時からで、後のスケジュールを考えてたまわりの湯にしました。
 錆鉄人と天女はほとんどの温泉旅館に日帰り入浴しているのですが、同行のNさんに入らせてあげたかったです。)

その後は鳥取漁港の「かろいち」へ。
長楽園でも望湖楼でもオプションで「焼きガニ」を注文したのですが、
何れも冷凍で味に満足できなかったNさんが「本物の焼きガニ」を食べたいとおっしゃるので
「かろいち」にならあるだろうと言うと、
お土産も買いたいからちょうどいいという事で行きました。
(Nさんは温泉旅行にいくと、必ずお友達のKさんにお土産を買って送っているのです。)

祝日なのになぜか国道9号線が大渋滞してかろいち到着は12時過ぎ、
「天然海水いけす海陽亭」は待ち時間1時間の表示
名前を書いても呼んだ時に居なければ最後になるという事で、
我々が待っている間にNさん夫妻は魚介類の買い物に行きました。
買い物が済んで戻ってきてもまだ順番が来なかったので車に積みに行って、
さらに待っているとやっと我々の順番に。

案内された所はいけすの横のテーブル席



注文したのは活ズワイガニの焼きガニ
勿論タグ付きです。



1パイ12500円!
御飯と味噌汁を注文して、焼きガニで食べる超豪華な昼食となりました。
今まで3000円程度の昼食しか食べた事のない錆鉄人と天女なので(芳家さんを除く)
顔が真っ青!
かと思いきや・・・



「あななたちにお世話になったから、最後においしい焼きガニを食べて欲しかったの」

Nさんがご馳走して下さったのでした。



〇〇分後、兵どもの夢の跡



そして、車に積んだおみやげの1つも
「これはあなたたちの分よ」

かろいちを出て、すぐ横の鳥取空港にお送りして、
散々散財した錆鉄人は6時間かけてひたすら下道を走って帰宅。

途中、何回も心配して電話をくださったNさんに御礼の電話すると、

「だんだんと歳をとって(御主人はもうすぐ81歳)もう来年は温泉旅行に行けるか分からないから
 今回温泉に連れて行ってもらってとってもうれしかったわ、感謝しています。
 あなたたちが大好きだから、また近いうちに必ずうちに来てちょうだいね。」

ジーンときました。
奥様の話しでは、自分では絶対にオファーしないというご主人が
銀山温泉に行きたいと話されたので、絶対に連れていってあげなくては・・・
とすぐにパソコンを立ち上げてみましたが、3月末までほぼ満室でした。


台所でもらったお土産を見ると



大きなイカ2匹(2本?)
大きなサザエ6個
さらにおおきな巻貝6個(名前は知りません)

早速、天女が以下をさばいてくれて
大量の厚切りイカのサシミでちょっと遅めの夕食


   天女の豪快なさばき!

去年、白浜で買った「たまり」で食べました。



そして、望湖楼の「たまごの温泉」で作った温泉たまご(約25分間温泉につけておく)



連日大量のビールを飲んでいたのでこの日は断酒するつもりでいたのですが・・・
 (旅館で飲むビールもNさんのおごり
  旅行経過うを立ててNさん夫婦を案内するのは錆鉄人の役割で
  旅館の宿泊費は自分で支払いますが、追加の料理や飲み物はNさんが支払って下さる事になっているのです。)

これが飲まずにおかりょうか!

翌日は焼きサザエでまたまたビールが進みました。

しばらく禁酒せねばと思っていたのですが、
姉の嫁ぎ先のお義母さんが亡くなったので、
(真夜中に電話があってビックリして電話に出たのですが
 「またどこかに出掛けてしまわないように、とりあえず電話したのよ!」と姉が言っていました。)
今日明日とお通夜・葬式で飲まなけれななりません。

これはお付き合い、義理ですから!!!
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天女の十二単姿 | トップ | おうちサウナ作り 始動! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。