錆鉄人と天女の感動人生

天然なので天女と名付けた妻と、登山や温泉旅行、ガーデニング・Doit等を楽しんでいます。
HPは「錆鉄人の感動人生」

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの燃費の違い

2017-03-21 09:02:11 | 新型ステップワゴンRP1
先日、スタッドレスタイヤをノーマルタイヤに変えました。

RP-1の標準タイヤは205/60R16ですが、
錆鉄人は買って1シーズンしか乗らなかった前ステップワゴンの195/65R15(アルミホィール)が
ギリギリで装着出来たのでそれを履いていましたが、特に問題はありませんでした。
(今年の冬と去年の冬と2シーズン履いています)

昨年の冬に横浜往復をした時はリッター19kmほどの低燃費を記録したので、
予想外の低燃費だと思っていました。

しかしながら、
3月の山形遠征でじっくりと燃費表示を確認しながら走っていると、
やはりスタッドレスタイヤはノーマルタイヤと比べると大きな差がある事が分かりました。

その最大のものは平坦地を定速走行している時の燃費表示が30kmに達しない事です。
タイヤの走行抵抗の差が原因ですが予想以上に大きく感じました。

さらに高速走行時の燃費ですが、
帰り道の北陸道を早く帰ろうと110kmほどで走行していると平坦地でもリッター15km以下で
それまでの平均の燃費17.1kmが減って行ったので速度を落とし
90kmほどで走行しているとリッター20km程度の表示でした。
(瞬間的な変動の大きなバーグラフ表示なので正確ではありません。)

帰宅した時の平均燃費は1401.8km走行してリッター16.8kmでした。
タイヤ直径が若干小さい事を考えると実際には16.5km位だろうと思われます。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春雨じゃ | トップ | 二重笑! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。