錆鉄人と天女の感動人生

天然なので天女と名付けた妻と、登山や温泉旅行、ガーデニング・Doit等を楽しんでいます。
HPは「錆鉄人の感動人生」

今日は大工さん!

2017-06-16 20:48:38 | DIY
働き者の錆鉄人は午前中は畑への水やリと屋敷の草取りを行い

(取った草は40Lの袋に3杯分)

午後は錆甚五郎に変身して大工さんのお仕事!


やった作業はというと・・・

玄関の戸がスムーズに開くように鴨井の溝を削る事でした。


我が家の玄関の戸は生半可な力では空きません。

その原因は水回りの工事をした業者のミスで

塩ビ管の配管が接着剤を忘れて単に突っ込んだだけだった為に水漏れし

それが原因でシロアリが大発生して鴨居を支えている柱がボロボロになって沈み込んだ為でありました。

ちなみに玄関の戸は2間幅の花こう岩の上にレールが敷設されているので

柱が下がった分だけ玄関の戸が圧迫されて動き難くなくなるという状況で

冬は雪が降ればその重さの影響で柱が圧縮されるので玄関の戸は限りなく重くなり

錆鉄人の馬鹿力では開いても、天女は開けられないので勝手口から出入りすると言う有様でした。

それはそれでメリットもあり、

事情を知らない押し売りは留守と思ってあっさり引き返してくれていたのですが、

明日は父の17回忌なので、

心優しき錆鉄人は年老いた姉たちの為に玄関の戸が軽く開くようにしようと考えたのでありました。

シロアリの影響もありますが、何せ築138年(明治12年建築)

至る所にクリーピングというか「経年劣化」が起こっているのでありまして

錆鉄人はノミで鴨居の溝を深くする事で動きをスムーズにしようと考えた訳です。


ポジションは悪いし

削り屑が目に入るし

苦労に苦労を重ねてどうにか溝を深くする事が出来ました。

ヘットヘトでビールを4本飲んでもまだエネルギー不足でした。


天女も

「わー!軽く開くわ!」

と大感激。


ずーっと上を向いて作業していたので首が痛くなった錆鉄人でありますが

かのミケランジェロもかく有りなんと思いました。


以上、錆甚五郎改め「錆テルジャロ」がお贈りしました。

ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発毛!・・・? 定点観測 | トップ | 蛍の撮影 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

DIY」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。