錆鉄人と天女の感動人生

天然なので天女と名付けた妻と、登山や温泉旅行、ガーデニング・Doit等を楽しんでいます。
HPは「錆鉄人の感動人生」

忍びの者の連日の侵入

2017-06-20 07:54:24 | 防獣・防鳥
草木も眠る午前2時半、
愛妻家のターミネーター錆鉄人は天女の大事な農園を守るために
聴覚センサーのゲインを最大にして起きていました。
(30分ほど前にトイレに行って眠れなかったからですが・・・)

ドサッ!

「来たッ!」

錆鉄人が跳ね起きると、天女も目を覚ましました。

ヘッドランプを点けて台所の横から外に出ると、
ガサッゴソッ
忍びの者が逃走する音が聞こえました。


南側の畑を照らしてみると以上はない様子でした。
台所前のゲートを開けて玄関先に行こうとしますが、開きません。
良く見るとゲートがずれて開き戸が食い込んでいます。



(写真は全て朝になってからの撮影です)イノシシの衝突でずれたブロック

昨日の朝、イノシシに完璧に荒らされて、
天女が涙ながらに新しい苗を植えなおした花壇が・・・



昨日よりも深く掘られています。

荒らされる前の苗を植えたばかりの昨日の花壇




残っていたチューリップの球根と自生している山芋を食べたのでしょう。

車庫の横もバリケードも小屋の横のバリケードも破られてはいませんが、
イノシシが突破しようとした生々しい痕跡が・・・

車庫の横の木にはまだ乾いていない泥が付いていました。



小屋の横のバリケード



金網を何度も突いていますが、北側の畑も無事でした。


畑が無事な事を確認してベッドに戻ると、天女はすぐにスヤスヤ、
よほど疲れていたというより、それが天女の特技ですから!

しかしながら、繊細な錆鉄人はイノシシが何処から侵入したのかを考えていました。
再々の侵入を防ぐためにどうしたら良いかを考えていました。

昨日、侵入口と想定した川に下りる階段は、昨日のうちに厳重に補強していました。



川の対岸から見ると・・・



今までは川のブロックと同じように手前側に若干傾斜させて設置していたのですが
(それはイノシシが押しても動かないようにする為でした)
今回は逆に川の方へせり出させて、
横木の間隔を狭めて本数も多くし、
さらに縦の支柱も増やして
階段を利用してつっかい棒を設置したので、
絶対にここからは侵入されないと自信を持っていたのですが・・・

横木がずれている訳でもなかったので、
ここから侵入したとしたら逆反りの柵をよじ登った事になります。
イノシシのオリンピックでもクライミングが正式種目になってトレーニングをしているのかも?
などとまで考えていたのですが・・・

気が付くと5時半なのに天女は横で寝ていません。
いつもラジオ体操の寸前まで寝ているのですが・・・

外に出ると、三度目の苗の植付をしていました。
「写真は撮っておいたわよ」
(それが冒頭の写真です)

長くなったので中断
次は「侵入口の探索編」にします。



ジャンル:
くやしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 侵入口が分からない忍びの者... | トップ | 忍びの者の侵入口を探す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

防獣・防鳥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。