錆鉄人と天女の感動人生

天然なので天女と名付けた妻と、登山や温泉旅行、ガーデニング・Doit等を楽しんでいます。
HPは「錆鉄人の感動人生」

貧すれば鈍するじゃなく・・・貧すれば食する

2017-04-21 12:22:42 | 田舎暮らし
小諸なる古城のほとり
雲白く遊子(ゆうし)悲しむ
緑なすはこべは萌えず
若草も籍(し)くによしなし
しろがねの衾(ふすま)の岡辺(おかべ)
日に溶けて淡雪流る

あたゝかき光はあれど
野に満つる香(かおり)も知らず
浅くのみ春は霞みて
麦の色わずかに青し
旅人の群はいくつか
畠中の道を急ぎぬ

暮行けば浅間も見えず
歌哀し佐久の草笛(歌哀し)
千曲川いざよう波の
岸近き宿にのぼりつ
濁(にご)り酒濁れる飲みて
草枕しばし慰む

  島崎藤村


何処を本歌取りしたの?と不審に思われるかもしれませんが、していません。
錆鉄人が高校1年生の時の国語の教科書に出ていた詩で、
感動した錆鉄人は高校2年生の夏休みに
通学用の原付バイクにテントと寝袋をくくりつけて小諸城址を訪ねたほど好きな詩です。
(いまだに毎年同じような事をやっていて、少しも成長していない事がバレバレです。)

勿論、今でも暗唱出来ますが、
誤字などの間違いがあるといけないと思ってネットからコピーしています。

暗唱しながらも「緑なすはこべ」ってどんな草なのか知らずにいました。

ところが先日京都の姉を訪ねた時に、捨てようと思うからいらないかと言われて1冊の本をもらいました。



病院での長い長い待ち時間に見ていたのですが



これが「はこべ」で食べられると書いてあるではありませんか!

って、我が家にはびこる雑草じゃん!



アップして良く見ましたが間違いありません。



憎っくき雑草め!
「刀の錆」ならぬ「腹の足し」にしてやるぞ!
という事で、天女が味噌汁に入れて食べようと言い出しました。

錆鉄人は64歳なので、少ない年金のそのまた一部しか収入がないので
遂に雑草を食べるまで落ちぶれたか・・・

「落ちぶれても錆鉄人は武士じゃ、男の散りぎわだけは知って居り申す、
 食べてはならぬそこをどいて下され、食べてはならぬのだ。」

   大利根無常より 錆 春夫

というほどまで落ちぶれてはいない「つもり」なので、
そこは興味津々食べてみました。

ちょっとコリコリした触感とほのかな香り、特に味はないような・・・

という事で、
「貧すれば食す」かもしれない「ハコベ」を知ったので将来が安心かも?
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行者ニンニク料理 | トップ | おかあさん、うちって貧乏なの? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
覚えていない (永田)
2017-04-23 19:07:54
この島崎藤村の歌 習ったことも覚えていない。もともと不真面目な生徒だったから仕方ない。
でも今日はこべが食べられるとわかったことは 歌を習ったことを知ったことより大きな収穫。 はこべは原っぱにいけばどこにでもあるような。
神戸の辺りは土壌汚染が心配で原っぱに出来ている物は怖くて食べられません。 福井に帰った時に食べてることにします。
Re:覚えていない (錆鉄人)
2017-04-24 19:21:40
これは真面目・不真面目の問題ではなく
錆鉄人は青白くない「文学少年」だったという事です。
錆鉄人は受験勉強を軽蔑していたので、
こういう受験には意味のない事を覚える事に熱中していました。
ちなみに「昨日またかくてありけり、今日もまたかくてありなん・・・」も覚えているし、
教科書にはなかったけれど「初恋」も覚えています。

(受験勉強を無視してお馬鹿な事に熱中していた)結果は・・・
今の自分なので
それが良かったとまでは強弁しませんが、
どのように生きても自分の人生、
やり直す事は出来ないのだから、
あの時こうしていたら・・・なんて考えずに
錆鉄人は「今したい事に全力投入」です。

今日、Wさんとの飲み会ではこべのおひたしを出しましたが、
そこに生えている雑草だというとビックリしていました。
(酔っぱらって今まで寝ていたのですが・・・)

話の物種にどうぞ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。